発達障害者の支え方例えば講師として、英国式植物療法バッチフラワーレメディ

アスペルガー経営者で、

英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。

 

今日は「長くおつきあいいただけるということは本当に素晴らしい」という話。

 

私の主要な仕事として、セラピストの育成があり、

中には講師としてトレーニングを積み、現場で仕事を担う方も数多くいます。

 

昨日、もう数年、「感情整理を学ぶ講座」を開講させていただいている、

川崎の障害者就労支援施設で、特別認定講師の高橋晴子先生が登壇されました。

 

koushiharuko2

 

ずっと私が講師を務めてきた講座ですが、

なんども受講してくださっている方もいるので、

新しい風もよいと思い、1年間の担当をお願いしました。

 

高橋晴子先生とは、もう3年以上のおつきあいになると思います。

 

発達障害を持つお子さんを育てており、

また大学では食事や栄養について学び、家庭科の先生の免許も持っていらっしゃいます。

 

先生はならず民間企業にお勤めになったそうですが、

人に教えることは大好きとのこと。

 

いつも講座や講演会をお手伝いいただき、

講師として必要なパソコンスキルや、スピーチのトレーニングなども受けていただき、

 

とにかく、まめに長く交流を持つことができたので、

一緒にお仕事をするうえで、素晴らしい信頼関係を築くことができました。

 

私をサポートしてくださった中で、晴子先生が関わった発達障害者は1000人を超えます。

今回、担当してくださった講座も、まずは受講という形で1年間通って、

たくさんの当事者の方、支援者の方と交流の機会を持ってくださいました。

 

私自身が発達障害当事者ですから、

こうして下さったことで、こんなことを共有することができたと思います。

 

・一体どんな人と接していくのか

・その人たちはどんなことで困っているのか

・どんな風にサポートすればその悩みが解決するのか

・様々な人がいる中で、誰に合わせて話をすれば全員が理解できるのか

 

そしてこんな方達をお迎えする中で、こんなことも感じていただけたと思います。

 

・運営者はどんなことに気遣っているか

・どんなことを手伝ってもらえたら助かるか

・晴子先生らしさが、どんな風に必要か

 

時には100人を超えるお客様をお迎えする中、

慣れないスタッフは右往左往しますから、かえって邪魔になることすらあります。

 

何も言わなくても、誰よりも迅速に動いていただけることで、

本当にいてくださると安心できる存在です。

 

私は演者ですから、いつもピアノの発表会に出る子どものような緊張感があります。

安心できるということは、それだけパフォーマンスの質もあがりますから、

とてもとてもありがたいことなのです。

 

長くおつきあいいただけると、

ほとんどすべての成功パターンと、失敗パターンもみていただくことができます。

これは机上の学習では提供しきれない貴重な経験になることです。

 

昨日の講座は、得意のお食事の話もわかりやすく盛り込まれていて、

とてもとても楽しく、わかりやすく、

一応、ゲスト講師として一緒に行ったものの、私はすっかり受講生気分で学ぶことができました。

 

本当に楽しかったです。

 

koushiharuko

 

もしも、どんな分野でも講師を目指す方がいれば、「教える」という仕事は全体の3割りですから、

ぜひ現場を見に来ていただければと思います。

 

心のケア、発達障害に寄り添うということでは、

この川崎の施設という現場は、本当に様々な背景の方が来てくださるので、

教え方も環境設定も、細やかな配慮が必要な高度スキルが必要な現場と思っています。

日々、就労支援という業務に就いている専門スタッフの方とも交流の機会が持てます。

 

「感情整理を学ぶ講座」は偶数月開講ですので、
無理なく通うこともできると思います。

心からお待ちしています。

 

【主催のFDAについて】

FDA(Future Dream Achievement)とは、障がい者、在宅勤務者、ひきこもり、ニート、ホームレス、うつ病患者、 シニア、ワーキングプア等の就労を目的とし、就労希望者・支援希望者の集える環境の創造と仕組みの提供を行うことを 大義(目的)として活動していく、非営利団体です。

FDA川崎は、障害者総合支援法に基づいた就労移行支援と

就労継続支援B型の事業所です。

 

 

アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 


関連記事

  1. 人生の一部を差し出してする意味があること。

  2. 素人だけど講演ってできますか、英国式植物療法バッチフラワーレメディ。

  3. 感情の起伏はできるだけ抑えてちょうどいい、英国式植物療法バッチフラワー…

  4. アスペルガーがどうしても辛いときには植物と話しているほうがいい。

  5. 言ったら嫌われるだけ、アスペルガーの私の本当の気持ち。

  6. 発達障害者には災害時に「邪魔をしない」という貢献方法もある、英国式植物…

  7. アスペルガーで妻母社長ですが、怪談師に入門しました。

  8. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月3日の植物との対話…