広尾の本当はなかった怖い話。

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

「アスペルガーとして人の役に立とうと思わない話も時にはしたい」という話。

 

昨日、広尾88アカデミーのお楽しみ講座として、

開運講座を開講しました。

 

開運!金運!

と書いておけばたくさんの人が来てくれてうれしいのですが、

 

実は私は怖い話が大好きで、

 

目に見えないものの不思議な話を、

すこーし織り交ぜながら構成できたのが、

 

本当に楽しかったのです。

 

お化けや幽霊というと、ネガティブなイメージをする人が多いけれども、

悲しいことやつらいことに、思いが残ってしまった存在を、

無視しないで、認めてあげたいという感じです。

 

悪いことばかりではありません。

 

昔の人の教えや思いに耳を傾けることが大好きです。

 

おばけがいるかいないかとか、

前世があるかどうかを議論したいのではなくて、

 

どうしてそう思うようになったのかという、人の思いのようなものが好きなのです。

 

私の原点は、

・まんが日本昔話の怖い話。

・祖父の書斎にあった、江戸川乱歩と横溝正史の小説。

・父が古本を買ってきた世界童話全集

・大学の図書館で読み漁った民俗学全集

 

いろいろこだわりがあります。

 

ただ見た目恐ろしい怪物が追いかけてくるのは好きじゃない。

それから血まみれとか、肉体的な痛みの恐怖は違う。

廃墟とか、お化け屋敷とか、いかにもという舞台も嫌いです。

 

ふと日常生活の中にありそうな、

そんなお話が好きなのです。

 

もう20年以上前に亡くなっていますが、

造園職人だった私の祖父は江戸川乱歩邸のお庭を担当していたのです。

 

乱歩先生のお誕生日、実は私と同じ10月21日です。

 

アスペルガーをテーマに語ることもミッションと感じますが、

 

発達障害そのものと向き合うばかりではなくて、

本当に好きなことで才能発揮したいという思いがあります。

 

時々忘れられてしまうのですが、

私は障害福祉に関して学んだことはほとんどなく、

ただ当事者感覚を語れるというだけなのです。

 

表現活動をするなら、

幽霊さんが、よくぞ書いてくれたと涙してくれるような、

ホラー小説を書いてみたいのです。

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. かたづけられない人は不幸で当たり前、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  2. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月17日)

  3. うらやましいと思ったら素直に真似る、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  4. アスペルガーがどうしても辛いときには植物と話しているほうがいい。

  5. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年3月27日の植物との対…

  6. 亡き人との再会、とら蔵をよろしくお願いします

  7. ギリギリ主義と早巻き主義あなたはどちら、英国式植物療法バッチフラワーレ…

  8. 発達障害の生きづらさ、お金で買える「生きやすさ」。