アスペルガーが垣間見た、もしもホームレスになったなら

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

「 アスペルガーが垣間見た、もしもホームレスになったなら」という話。

 

2016年10月18~22日の日程で、

遅い遅い夏休み旅行に行ってきました。

 

今回で3度目のオーストラリア、メルボルン。

 

 

誕生日とかぶっていますが、うれしいサプライズも苦手なので、

日本に不在大正解と思いました。 

 

気ままなひとり、意味ない長距離移動、

旅の恥はかきすてとは思わない、マナーは守るけれど、

遠い国で、外国人である私が多少挙動不審でも、

 

日本のようにいぶかしがられることもない。

 

 

道に迷って普通、

おかしなことを言っても「英語が苦手なのね。」で済み、

ファッションが変でも、「きっと日本風なのね。」で終わる。

 

すごく幸せでした。

すごく高揚しました。

 

渡航直前、高熱を出してしまい、行かれるか心配したけれど、

到着するころにはすっかり元気になっていました。

 

今回、どうしてなのか体調がとてもよく、

いつもならタクシーで移動する距離もなんと歩き通し、

いつもなら2~3時間で一度ホテルに戻って休むのに、

 

一日中歩き続けて大丈夫でした。

メルボルン、自然も豊か、街並みがクラシカルで美しく、

世界的にも人気の高い町です。

 

カフェがたくさんあり、

コーヒーの種類も、「コーヒー」で通用しないくらい種類豊富。

 

並木がとにかく美しい。

 

とにかく樹が大きくて、道の真ん中くらいまで枝葉を伸ばし、

まるでアーケードのような趣です。

 

 

そんな街で、今回はたくさんのホームレスを見かけました。

こんなにいると思わなかった。

 

宿泊しているホテルのそばにも、

オフィス街の片隅にもいました。

フリンダースストリート駅という大きな駅には、

たくさんのホームレスが寝ており、

夜になると配給を受けていました。

 

これまでの2回、こんな光景みたことなかった。

テニスの全豪オープンの時期にきており、

もしかしたら世界中から来る観光客のために、どこか他の場所に居所を移されていたのかもしれない。

数年間暮らした北京などの印象と比べると、

街は清潔で、人は明るくほがらかで、親切。

 

でもホームレスの人の顔には深い苦悩のシワが刻まれ、

ボロボロの服をまとっているのが、

かえって、痛ましさを増す感じ。 

 

もしもこの人がホームレスでなかったら、

きっと、他のオーストラリア人のように、

かっこいい姿に見えるんだろうなと思いました。

ホームレスを見かけると、嫌でも思い出すのが、

ビジネスパートナーの藤野淳。

億万長者だったものが、破産して夜逃げして、

 

何年か転々と勤めて持ちこたえたあと、

やはり経営者に戻りたいと、群馬から東京に飛び出してきてしまったとき、

 

持ち物は鞄ひとつで、所持金はポケットの5万円だけ。 

 

私には泊めてあげられる家も、渡してあげられるお金もなかったから、

知恵を出し合って、ふたりでパソコンに向き合い、

行商のように大きな荷物を引きずってセミナールームを渡り歩き、

 

なんとか今のオフィスに拠点を開けるようになるまで、

必死で仕事をし続けたという歴史があります。

 

私自身のことではなかったとしても、

今ふりかえると相当やばい綱渡りだったな。

 

「この先どうなるんだろう?」なんて考えたら、

プレッシャーでつぶれたかもしれない。

 

大変さに気がつかなくてよかった。

 

私はほんの垣間見ただけだけれど、

一度、お金や社会的な地位を失った人が、

 

もう一度、普通の生活を手に入れるのは本当に大変。

ゼロなのではなくて、様々マイナスからのスタートなのだと痛感しました。

 

ホームレスや物乞いには、お金や食べ物はあげない。

ただ、幸せを祈ることにしていますが、

 

藤野との経験から、見れば心がざわざわするようになった。

あの人たちが、あたたかく眠れるところがありますように。

 

フリンダースストリート駅で見かけたボランティアの美少女は、

次の日も、食べ物の配給の陣頭指揮を取っていました。

 

また次、いつメルボルンに行くだろう?

目にしたホームレスの誰かが、居場所を見つけられていますように。

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

 

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 発達障害者は、人様に対して絶対に「くさい」と言ってはいけない。

  2. アスペルガーは疲れているときに人生について考えてはいけない。

  3. アスペルガーが思い込む、人は勝手にしていいんだ。

  4. アスペルガーで妻母社長ですが、怪談師に入門しました。

  5. 私が今日、最期に思っていたこと

  6. うらやましいと思ったら素直に真似る、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  7. かたづけられない人は不幸で当たり前、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  8. とら蔵、さようなら(2001年~2017年)