発達障害者は、人様に対して絶対に「くさい」と言ってはいけない。

「換気扇回して!」

「窓開けて!」

「アロマたいて!」

 

これは、夏場によくある私のオフィスの風景。

 

体臭がきつい人がひとりでもいると、

におい過敏があるものだから、こうなる。

 

くさい人が帰られた瞬間、換気しまくる。

 

自分のことは自分は一番わからないように、

臭い人は自分のにおいに一番気がついていない。

 

「くさいです。」って、

アスペルガーの私でもわかる、

言うとひどく当人を傷つけることなので、

 

ご家族など、近しい人が教えてあげてくれないかなと願うのみ。

発達障害の人はさまざまな過敏症を抱える。

 

におい過敏もそのひとつ。

 

嗅覚が鋭くて、敏感ににおいを感じストレスとする。

頭痛や吐き気など、気分不快や体調不良に直結するので、

本人にとってはとても辛い。

 

化粧品、香水、洗剤など人口のにおい、

自分が嫌いな食べ物のにおい、

建物の中にいるだけで、塗料などのにおいにも反応する。

 

私は当事者の立場として、

におい過敏がある人が少しでも楽になるように、

マスクの着用や、

家庭内のにおいの見直しなどを原稿に書く。

 

でも、これだけ世の中ってにおいにあふれているから、

逃げようがない面がある。

自衛しないといつまでも苦しい。

 

もうひとつ、発達障害者にはコミュニケーション不全もついて回る。

 

人とうまくコミュニケーションが取れない。

思っていることをそのままぶつけるなど、

人が傷つくことに対して、うまく配慮ができない。

 

結論から言えば、

におい過敏がある人は、過敏なのは自分の都合なので、

「くさい」とうっかり言わないこと。

 

人は「くさい」と言われるとひどく傷つき、

そして怒りたくなる。

 

「くさいやつ」とクラスの中で言われたら、それは立派ないじめの文句。

 

過敏ではない人にとっては、騒ぐ程でもない自然な生活臭。

過敏ではない人にとっては、心地よい香りの演出。

過敏ではない人にとっては、ブランドものの化粧品や香水など高級感の証。

 

そもそも、苦手なにおいがするところにはいかない。

化粧品のにおいが漂うデパートでの買い物などは、いまどき大抵ネットで済む。

 

どうしても行かなければならないときはマスクで自衛。

 

もしも気分が悪くなったら、

「大変申し訳ありません、私の特別な体質で、ちょっと気分がすぐれないだけです。

お気になさらないでください。」と、

 

その場の雰囲気を壊してしまったり、心配させてしまうことをまず詫びよう。

 

家庭や学校など、

どうしても毎日ずっといなければならず、

周囲の人と信頼関係をつくり、助けてもらえるなら、

自分の事情を訴えてもよいのかもしれない。

 

でも、通りすがりくらいの関係の人に、

 

あれもこれも苦手、

まして「くさい」なんて、失礼になるだけだ。

 

だから私も、弊社に来るお客様に「くさい」なんて言わない。

 

ただ、伝わるといいなと思いここに書くだけ。

 

人様に何かを言う前に、

まず、自分がくさくないか、汚くないか、失礼じゃないかを気にしよう。

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 


関連記事

  1. アスペルガーがどうしても辛いときには植物と話しているほうがいい。

  2. 独特な生き方、ムーミン谷に落ちてきた星の子の話に思う。

  3. インスピレーションを磨く、「植物観察」という方法。

  4. 発達障害者の支え方例えば講師として、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  5. とら蔵、さようなら(2001年~2017年)

  6. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年3月28日の植物との対…

  7. 発達障害者には災害時に「邪魔をしない」という貢献方法もある、英国式植物…

  8. アスペルガーが思い込む、人は勝手にしていいんだ。