【アズ直子実践】「メディカルアロマセラピー」アスペルガー・発達障害に役立つノウハウ

こんにちは、アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は「メディカルアロマセラピー」のことを詳しくお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーー

◎ メディカルアロマセラピーとは?

植物より抽出されるアロマオイルを用いる芳香療法の中でも、
より積極的に心身へ働きかけ、
病気予防や健康維持に働きかける分野のアロマセラピー。
セラピストは解剖生理学や、アロマオイルの化学成分など、
高度な専門知識を学び、多くの臨床を重ねる。
イギリスやフランスはこの分野の先進国で、
医療との連携がすでに多くの病院や施設で実践されている。

ーーーーーーーーーーーーー

 

アスペルガーをはじめ、発達障害と診断を受けている人は、
人づきあいがうまくできない「コミュニケーション不全」や、
精神的な落ち込みなどの他に多くの過敏症を持ち、深刻な体調不良を抱えることが多いことは繰り返しお伝えしています。

 

病院など医療機関での治療やカウンセリングはとても有効ですが、

常に抱える不調と長くつきあうために、

「ホームケア」(家庭で実践できる予防法やリラックス法)が大変重要で、

実践ができるとかなり心身が楽になり、社会参加などへの道も開かれやすくなるのです。

 

そうしたなかで、日本でも広く普及している「アロマセラピー」は大変役立ちます。

 

ただし「ファッション」や「雑貨」として普及している面もあるので、

発達障害者が使う場合には、下記が選び方の目安となります。

 

一度理解ができれば、アロマオイルの入手も、

「アロマセラピスト」と呼ばれる専門家との連携も手軽にできるようになりますので、

はじめの理解を丁寧にすればよいと考えてください。

この記事を読んでいただくことでもそれは果たされます。

 

・使用する素材(アロマオイル)の品質がよいこと

・専門家のサポートが受けられることまたは使用者が専門知識を身につけること

・協会や資格などで情報が整理され、技術が保証されていること

 

それでは発達障害者のどのような面に、「メディカルアロマセラピー」は有効なのでしょうか。

 

1)におい過敏

2)身体のリラックス

3)精神的な落ち込み防止や記憶力・集中力の向上

 

1)におい過敏

発達障害者の多くは「におい過敏」を持っており、

例えば電車の中などでの化粧品や体臭、建築資材などのにおいに大変苦しみます。

日常生活で使う洗剤などのにおいが頭痛や嘔吐感の原因であったりもするのです。

メディカルアロマセラピーで使うアロマオイルは、

植物から抽出したオイルの香り成分を活用するものです。

天然成分の良質なオイルの香りは「におい過敏」を和らげることが多く、

数百種類あるもののなかから相性のよいかおりを選ぶことで、

不快なにおいを和らげ快適にするなどの対策をとることができるようになります。

また「におい過敏」を生かし、香りの分野で活躍するセラピストも多く、

才能発揮できる分野として捉えることもできます。

 

2)身体のリラックス

発達障害者の多くは重い肩こりや背中の痛みを抱えていることが多く、

年若いうちからケアが必要なケースも見受けられます。

これは自閉症の特徴として猫背で前のめりなどがあること、

その姿勢により骨の湾曲など体への負荷が重いことが原因です。

脳の機能障害によりリラックスすることも困難なために、

心身が常に興奮状態に陥りやすく、

そのため筋肉なども硬くなりやすいという傾向があります。

同時に「接触過敏」を持つ場合、

不用意なスキンシップや施術、オイルの塗布がストレスになることも多く、

信頼関係の厚いセラピストや、母親などによる施術が必要になります。

メディカルアロマセラピーではこうした特質も見極めながら、

アロマオイルを使ってマッサージを行うことができます。

一般的に発達障害者に対しては、

その人にあったマッサージパターンをつくり、

毎日同じマッサージを繰り返すことが、

ケアとしても、接触過敏などに負担をかけないためにも有効と言われています。

 

3)精神的な落ち込み防止や記憶力・集中力の向上

 

アロマセラピーが認知症に有効であるということがニュースとなりましたが、

発達障害者に対しても同様の成果が期待できます。

セロトニンという精神状態を安定される脳内物質がもともと少なく、

そのためにネガティブ思考に陥りやすい傾向があるため、

香りの精神効果により、落ち込みを予防することが可能です。

また注意欠陥障害などで、記憶や集中力に心配がある場合にも、

香りの成分に効果があることは、計算テストなどでも証明されています。

 

 

私は幸いなことに、この「ホームケア」という分野で長くお仕事をしており、

メディカルアロマセラピーについても情報と人脈を得る機会がありました。

 

日本で出版されている多くの専門書を手がける、

メディカルアロマセラピー先進国イギリスの第一人者、

ペニープライス先生

そしてペニープライス先生の日本窓口をつとめられている、

塩田知恵子先生のご協力と応援をいただき、

2015年には、「発達障害者のためのメディカルアロマセラピー」という講演を、

ペニープライス先生の来日記念講演の際にいただくことができたのです。

 

現在、多くのアロマセラピストが「発達障害者のためのメディカルアロマセラピー」を研鑽し、

マッサージパターンの考案などのサービス提供ができるようになりました。

一刻も早く取り入れてみたい方は、私までお問い合わせいただいても、

信頼のできるセラピストのご紹介が可能です。

 

◎ ペニープライス女史来歴

1983年にアロマセラピー資格取得後、

1986年からアロマセラピー講師に従事。

その後オックスフォード大学修士課程で、

教育環境の管理・香りのある環境での子どもたちの反応の変化」をテーマに修士号取得。

多数の著書がある両親シャーリー・レンプライスのサポーも受けながら、

アロマセラピー分野で研鑽を積み、

2003年に独自ブランド会社として、

PennyPrice Aromatherpy Co.ltdとPennyPrice Adademy of Aromatherpyを設立。

キプロス・ギリシャ・ブラジル・台湾・アメリカ・アイルランドでの講演など世界各国で活躍中。

2012~2014 プロフェッショナルセラピストを育成する協会IFPA会長として英国のアロマセラピー界を牽引し、彼女の影響を受けたセラピストは数多い。

⬛︎ 参考書籍

ペニー・プライス&シャーリー・プライス著

『赤ちゃんと子どものためのアロマセラピー』 
(フレグランスジャーナル社)

シャーリー・プライス著

「女性のはじめてのアロマテラピー」―年齢ごとの美しさの秘訣   
(フレグランスジャーナル社)

 

⬛︎ 塩田知恵子プロフィール

アカデミーオブアロマセラピー日本校
株式会社ティリィア代表
IFPA日本支部 代表理事
北九州在住。

教員経験を経て人の心身のケアの必要性を感じ、
日本に普及し始めたばかりのアロマセラピーに出会い、
自らの体調の回復に役立つことを実感。
当時、本格的に学ぶ機関が日本になかったため、
何度も渡英し本場のセラピストとの信頼関係を築く。
現在、英国最大のアロマ協会IFPA元会長で世界的アロマセラピストであるペニープライス氏との交流が深い。

純度が高く安全性で定評があるペニープライスブランドの精油の日本総輸入元も勤める。

 

(施術を受けたい方お問い合わせ先)

コリはがし
(ペニープライスアカデミー日本校東京事務局広尾88サテライト)

平郡 眞紀
メール: korihagashi@gmail.com
電話: 080-3252-6924
公式サイト: http://korihagashi.jp/
場所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目21-5
ライツェント200(2F)広尾88スタジオ内
営業時間:月曜日・木曜日 10:00~21:00


12195934_916718271749131_5488160438142521740_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(学びたい方お問い合わせ先)

株式会社 ティリィア(ペニープライスアロマセラピー社日本輸入元)
ペニープライスアカデミー日本校(IFPA認定アロマセラピースクール)
代表:塩田知恵子
メール tiliastaff@tilia.jp
電話:093-654-8001
公式サイト www.tilia.jp

 

講座情報(東京広尾にて開講)

2016年新春!
ペニープライスアカデミーオブアロマセラピー日本校
広尾88サテライト開校

メディカルアロマセラピーの第一人者ペニー・プライス先生のアロマセラピーを学ぶことが出来ます。

 

ホームセラピストコース(ペニープライスアカデミー認定コース)

http://tilia.jp/tokyo

~ こんなことが学べます ~

・エッセンシャルオイルのご家庭での安全な使用法、基礎知識を学びます。
・アロマセラピーの歴史を学びます。
・アロマトリートメント
・受講生特典割引でエッセンシャルオイルをご購入いただけます。

【日程・申込】

お問合せ・お申込みはコチラ→ https://goo.gl/2PGqwE
第1回目 4月 23日 10:30~17:30
第2回目 4月 24日 10:00~17:00
第3回目 5月 21日 10:30~17:30
第4回目 5月 22日 10:00~17:00
第5回目 6月 25日 10:30~17:30
第6回目 6月 26日 10:00~17:00

<欠席の場合>
フォローはいたしますが、同じ時間数の補講はできかねます。

【受講料】

160,000円

【講師】

塩田知恵子

ペニープライスアカデミーオブアロマセラピー日本校校長
株式会社ティリィア代表
IFPA日本支部 代表理事

 

発達障害アロマセラピー入門講座
http://korihagashi.jp/aroma-introductory-course/

~ こんなことが学べます ~

・アロマセラピーとは何か
・症状に合わせたアロマオイルの選び方
・症状に合ったトリートメントの仕方
・発達障害で起こり得る体の不調
・発達障害児のアロマセラピーの注意点

【日程・申込】

■2016年1月16日(土)申込みはこちら ⇒ https://goo.gl/2L0wpS

■2月27日(土)申込みはこちら ⇒ https://goo.gl/5exHNF

■3月24日(木)申込みはこちら ⇒ https://goo.gl/Ye4oXi

11:00~14:00 (定員:12名)

※1回づつの参加が可能です。
※毎回登場するアロマオイルが変わります。

【受講料】

各回 6,000円(税込)
※【発達障害xホームケア】お母さんはセラピストプロジェクト
特別会員価格 5,000円(税込)

お支払いは当日現金でお願いします。

材料費込
その日からすぐお家で使える
アロマ入りトリートメントオイルお持ち帰りいただけます。

 

【講師】
平郡眞紀

コリはがし
ペニープライスアカデミーオブアロマセラピー日本校東京事務局
一般社団法人MTTA認定セラピスト

 

 

12295470_928376667197627_3744410867108465953_n

 

 

 

 

 

 

 

 

(読者の皆さまへ)

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

⬛︎ アズ直子講演会・トークショー情報
http://asnaoko.com/event-schedule/

⬛︎ 心と体が楽になる「感情整理を学ぶ講座」

ーーーーーーーーーーーーーーー

<SNSでの交流歓迎しています>

公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/asnaoko

ツイッター
http://twitter.com/muxia0214

ーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
  
発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. アスペルガーにはつらい、結論が出ない曖昧な経過報告。

  2. 記事見出しテスト投稿

  3. アスペルガーが「死にたい」と言ったときに起きる恐ろしいこと

  4. かわいそうでおろかなアスペルガーを簡単にやめる方法

  5. アスペルガー経営者、お金と向き合ってきて本当によかった

  6. もしもアスペルガーの私が、いまどん底に落ちたなら

  7. 発達障害連載記事、保健室の先生のための月刊誌『健』

  8. アスペルガーも、乳腺外来に行ってきました。