アスペルガーなので、私が変われるのは基本から

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

 

「アスペルガーなので、私が変われるのは基本から」という話。

 

書店を見てまわるのが好きなのか嫌いなのか最近わからなくなってしまいました。

 

自分が本を書いてから、

売れている本が気になったり、

そうではない自分にコンプレックスを感じたり。

素直に本を楽しめなくなった。

 

本当にたくさんある生き方の本を見ていると、

圧倒されてしまう。

 

私にはこんなにたくさんのことはできない。

私にはこんなにうまくできない。

 

「変わる」という言葉が大好きで、

 

変わる努力をずっとしてきたからこそ、

ずいぶん幸福感は増してきているけれど、

 

まだまだ抱えている生きづらさが多くあります。

特に体質的なものが辛くなってきた、発達障害の過敏さとともに加齢もあるので。

 

「変わる」というと、ドラマティックなことを求めがちです。

 

劇的に痩せるとか、

劇的にかたづけるとか。

 

そのほうが、ブログに書いていてもたくさんの人が喜んで読んでくれる。

 

でも私がいましたいのは、基本中の基本のことをコツコツ変えていく方法です。

 

例えば、

早寝早起きとか、

日々の食事を整えるとか、

簡単な運動をはじめるとか。

 

発達障害の心身の辛さは生まれつきのものですから離れようがないし、

日常生活全体に関わってくるので、

すべての生活の質を、底上げしないと楽にならないなあと感じています。

 

すべての生活の質を、

劇的によくするのではなくて、

 

せめて乱れないように、普通に整える感じです。

 

アスペルガーというと個性が強いので、

何かその個性にあった、素晴らしい方法がどこかに隠れていそうな気もするのですが、

 

 

大切なのは毎日のこと。

そこは地道にコツコツが必要と思います。

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. お母さんはセラピストプロジェクト発足に、ふと思う母の孤独。

  2. アスペルガーが救急搬送され、顔面神経麻痺だった話。

  3. 病院不信のルーツ、アスペルガーの私と代替療法。

  4. 空気が読めないアスペルガーでも、人が勝手についてくる方法

  5. 発達障害者はわかりやすい特技を持つとよい、「介護」や「占い」

  6. 仕事がほしいときに絶対に言わないほうがいいこと、アスペルガー特に注意!…

  7. アスペルガーのシンプルライフ

  8. もしもアスペルガーの私が、もう一度小学生に戻ったら