アロマの資格を持たないアスペルガーが、カリスマアロマセラピストに近づく唯一の方法

アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「その分野のトップに近づきたいと思ったら、先人が苦手なことで役に立て」という話。

 

私にはアスペルガー経営者の他にもいくつかの引き出しがあって、
1998年に起業した分野は、「セラピスト」です。

 

アロマセラピーやハーブ、バッチフラワーレメディなど、植物を原材料として、人の心身を癒す手法を学び、
そのために使う材料や道具を、全国の治療院やサロン、スクールに卸売をしているのが、実は最も長く、大きな生業なのです。

 

でも準備期間も持たず起業し、訳も分からず試行錯誤を繰り返し、
そこにアスペルガーとして生来の不器用さもあるわけですから、

そんなに簡単にうまくいくはずがありません。

 

この分野に興味を持つきっかけになった「アロマセラピー」については、
国際資格を取ろうとスクールの門を叩いた途端、
妊娠が発覚し、結局習うことも資格取得も叶わなかったという挫折経験があります。

本当は私、アロマセラピストとして活躍したかったんですよね。

 

でも育児期間を経て気がつくと、すでにアロマセラピーの分野では多くのセラピストが活躍し、
カリスマアロマセラピストと言われる人もその地位を確かなものとし、スクール事業も成熟していました。

要は私がこれからここで突き抜けていくには、あまりにも壁が高く感じる状況となっていたのです。

 

ひとつ夢を諦めるということになりますから、それはそれは葛藤し考え抜きましたが、
私はアロマセラピーを離れ、バッチフラワーレメディに没頭することでなんとか自分の居場所を、セラピー業界の中に確立したのです。

あれから十数年が経ち、ひとつうれしいことがありました。

 

アロマセラピー業界で、世界的なカリスマアロマセラピストと言われる、ペニープライス先生の来日公演時に、
私もセラピストとして講演をさせていただくチャンスに恵まれました。

 

私がアロマセラピーを学びたいと願っていたころ手にした本のほとんどが、ペニープライス先生のお母様であるシャーリープライス先生の著作でした。
日本で活躍するアロマセラピストでその影響を受けていない人はいません。

さらにこのご縁から、私の事業拠点である広尾88スタジオで、
ペニープライス先生が創設に深く関わるIFPAというアロマセラピーの国際的な協会認定の講座が開講できることになりました。
組織は違いますが、かつて私が泣く泣く諦めたアロマセラピーの国際資格取得講座の、
受講生ではなく場の提供者として運営に関わることになったということです。

 

ペニープライス先生はセラピストであると同時に、非常にステイタスの高い実業家でもあります。経営者としてもこのご縁は大変にありがたいものです。
日本で世界トップクラスのペニープライスブランドを扱う総輸入元代表の塩田知恵子先生とは、ビジネスパートナーとして応援しあえる関係となることができました。
これはありがたいというよりは恐れ多いくらい緊張感の高いことです。
塩田先生も、もちろん日本を代表するアロマセラピストのおひとりです。

 

 

12347688_928371393864821_8824044341675517509_n

 


いちセラピストにとっては憧れの存在であり、何万人といるアロマセラピストが夢見るカリスマセラピストとともに仕事ができる立場を、
どうして私がアロマセラピーから離れてなお手にいれることができたのでしょう。


答えは、私がアロマセラピストの先生方が苦手な分野で実績を持ち、
そしてアロマセラピーという分野で役立てることができるように、便利に便利に提案を続け、実行をお手伝いしてきたからです。

 

私がアロマセラピーを諦めたあと、
ネットショップオーナーとしてインターネット集客や販売を長く経験し、ノウハウを蓄積。
ツイッターやフェイスブックなどのSNSを駆使して、セラピストのためのブランディングやマーケティングを実践。

出版や講演などのより多くの人にダイレクトに情報発信できる立場も確立し、
なによりもそれをセラピストに実践しやすいように、工夫を重ねてきたことを評価していただいているからなのです。

 

もしもアロマセラピストとして第一線で活躍したい方がいたらぜひこの先をよくお読みください。

 

アロマセラピーについてこれ以上ないほど熟知し、臨床も経験し、強い人脈もすでに持っている先生方にとって、
アロマセラピーしか得意なことがないセラピストは、ビジネスパートナーとしては大きな魅力はありません。
なぜならそんなスキルは先人である先生方も先輩方も、みんな自分でできることだから。

しかもずっとクオリティ高く、手際よく、いまさら新人の力を期待する必要がないのです。

 

普及を推し進めてくれる人としてはもちろん貴重な存在ですが、
ビジネスパートナー(一緒に仕事をする人)という点では不十分です。

 

アロマセラピーという分野で、トップクラスの仕事や人脈に自分の居場所を作りたいと思ったら、
先人が不得意なことや手が回らないことにおいて、役立つことを心がければよいのです。

 

アロマセラピーそのものについて研鑽をつむことは最低限当然のことです。

 

そのうえで、他の人が苦手なことややりたくないことを喜んで受け持つことが、
一流セラピストと言われる立ち位置に立つ一番の早道です。

 

「先生、面倒な経理や集客はどうぞお任せください。先生は研究や大きなお仕事に専念してください。」

 

そう言ってくれるセラピストが現れ、本当に実力があるならどのスクールでも一発採用でしょう。
人と人とのつきあいですから、貢献してくれた分だけ、引き立ても期待ができます。

 

ビジネススキルだけではありません。

 

掃除や設営などの雑務も、実はトップの先生がだまってやっていたりする。
「私がやります」と手をあげられることはいくらでもあるのです。

 

セラピストを目指す人は一途で勉強熱心ですが、そのために全体を俯瞰するのが苦手で気が効く人がなかなかいません。

 

お客様に対しても、ビジネスパートナーに対しても、全体を見渡して役に立って喜んでもらえる方法を考えてみてください。

それが自分も願う成果を得られる一番の早道なのです。

 

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー 

今月開催決定しました!
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. アスペルガーにはつらい、結論が出ない曖昧な経過報告。

  2. アスペルガーが幸せになるために必要な上げ方、7つの習慣から。

  3. アスペルガーアズ直子、シャネルのスーツを買う

  4. 発達障害者はわかりやすい特技を持つとよい、「介護」や「占い」

  5. かさこ塾のみなさんに感謝、アスペルガーには人の応援がことさらうれしい。…

  6. 発達障害、何とかなると思う勇気

  7. ひどい目にあわせた奴には復讐しなさい、アスペルガーの黒歴史。

  8. 名言には自分でたどりつこう、アスペルガー名言多いけど。