自分を磨くというのは、一体どこを磨いたらいいんだろう?

「40代発達障害者、きれいになるのにどこから磨けばいいんだろう」

私の事業の一つはセミナー業。なので多くの「講師」と接するのだけれど、教えるのも上手できれいな人はなかなかいない。私自身が見た目に自信がない。でも、講師は自分自身が商品なのだから、きれいな方がお客様にもいい印象を持っていただけるのは間違いない。一流の先生方をお呼びして、ビューティーブランディング講座などおこなっている。みなさん一生懸命取り組んでいる。私も頑張ろうといつも思う。思うけれども、なかなかエンジンがかからない。

きれいになりなさい、自分を磨きなさいと言われることがよくあるけれど、一体どこをどのように磨いたらいいんだろうと思う。ファッション雑誌など見ているとパーツが多すぎて、どこから手をつけたらいいのかわからない。

高校生の娘に聞いてみたらこんな答えが返ってきた。

細かいなあ。

・髪の毛

・肌

・歯

・爪

・顔の産毛

・手

・足(かかと)

・メイク全般

・スタイル全般

・全体の印象

・・・・だそうです。

これにきっと、

・メイク

・ファッション

・持ち物

などが加わるのでしょう。

加える前にまずは「磨き」だな。やってみよう。

 

 

私がセラピスト養成を手がける、
英国式植物療法バッチフラワーレメディは、

1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。

38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

 

 

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. 大切なお知らせ(広尾88アカデミーは変わります)

  2. 発達障害者は豊かにも、きれいにもなってもいけないのかもしれない

  3. 渡辺謙さんがくれた希望、障害者からラストサムライまで

  4. 講師のためのビューティーブランディング始まる!

  5. 講師のための ビューティーブランディング 第0期生募集

  6. 講師陣、超一流を集めちゃったよどうしよう。

  7. 惨めな自分はもういらない、発達障害者は変われるか?

  8. ”あがるノート”で未来を創る