【関係者限定】コロナウイルス感染についての指針

コロナウイルスのニュースで、
非常事態となっています。
広尾88アカデミー運営者またアズ直子は、
こうした感染症の専門家ではないため、
特に医療的なことにつきましては、
正しい情報発信ができる立場ではありません。

 

弊社からの情報発信は、
広尾88アカデミーや著作家アズ直子の指針によって、
影響を受ける可能性がある、
関係者の皆様に対して行います。

著作の読者、講演会を聞いてくださった方は、
アズ直子が提案する生活習慣を実践してくださっていることが多く
そうした方たちにもお伝えしたいと思います。

特に関係性の深くない方は、
確かな情報源から正しい情報を得てください。

弊社が参照しているニュースソースはこちらです。

(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/…/seisak…/bunya/0000164708_00001.html

(専門家による行動指針)
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-wada-2

ここからは、
考え方のお知らせとなります。

コロナウイルスのニュースで、
”非常事態”となっています。

「非常事態」をもう少しわかりやすくすると、
コロナウイルスの感染が起きていることで、
リスクが生じているということだと考えています。

ーーーーー

・自分や関係者が感染するリスク
(発病する・死に至るリスク)

・自分が感染源になって人にうつすリスク

・物が手に入らなくなるリスク

・お金が手に入らなくなるリスク

・出かけられなくなるリスク
(医療・介護・教育などが受けられない)

ーーーーー

上記のリスクを出来るだけ回避、最小限にすることが、
今するべきことと考えています。

不安を膨らませ、
無駄な買いだめなど不要な行動に走ることは、
誰にとってもよいことではありません。

同時に、根拠のない楽観で、
必要な措置を取らないことも愚かなことです。

無限に緊張と不安を抱えるのではなく、

上記のリスクを回避・最小限にするために、
このような指針で対策をします。

● 具体的

上記のリスク回避のために、具体的な行動指針を考え実行する。

例)
・自分や関係者が感染するリスク
(発病する・死に至るリスク)

生活習慣を整える。食事・睡眠・室内でできる運動。
衛生を保つ。掃除・換気等。
感染しないよう外出しない。どんな人とも濃厚接触しない。

・自分が感染源になって人にうつすリスク
感染させない外出しない。どんな人とも濃厚接触しない。

その他の事項については追って発信します。

● 効果的

無駄なことはせず、
リスク回避にとって有効なことを行う。

・無駄なことの例
フェイクニュースを信じてお湯を飲む。

・効果的なことの例
手洗い、うがいを徹底する。

● 限定的

期間、場所、関わる人などを限定し、
無限に緊張や不安を広げない。

・時間の限定

例)
外出禁止も、
2週間は予定を固定し、急な変更などで混乱を起こさない。
1ヶ月では長いので、2週間ごとに見直す。

・場所の限定

例)
自宅と仕事場について徹底して措置を行う。

・人の限定

例)
日本中の人の役に立とうと思うと、
力も及ばず燃え尽きていくので、

親戚(中でも弱者)・お客様・取引先・仕事仲間等、
助け合う相手も限定し、望まれることをする。

そして大切なことは、
無限の緊張と不安を起こさないという意識を持てば、

時間、場所、一緒にいる相手によって、
楽しい時間、リラックスできる時間も十分に持てるということです。

2時間の映画を見ている間は、
感染のことは忘れて楽しめばいい。

職場が大変なことになっている方も多いと察しますが、
短時間でもリラックスできるときはその他のことを忘れましょう。

この「非常事態」と言われる時間が、
少しでも短くなるよう、
最大の配慮と工夫をしながら過ごしましょう。

広尾88アカデミー代表
アズ直子
藤野淳

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

 
発達障害 ブログランキングへ