アスペルガーと二次障害、導眠剤でも眠れるって素晴らしい。

2~3時間睡眠で押し通していたら、本当に眠れなくなってしまったのと、体の痛みがひどいので、クリニックを受診したら「うつ病」と診断を受けました。眠れるようになる薬を夜に、気持ちを楽にして体の痛みを和らげる薬を日中に飲むようになりました。

昼の薬:サインバルタカプセル 
夜の薬:ルネスタ錠 

「発達障害の方は過敏だから、できるだけ弱い薬にしてみましょう。」とドクターに言われました。

眠れるようになる薬は本当に眠れるのですごい。毎日、仕事や雑務に終われる日々だったので、寝ながら翌日の原稿や話すことを考えたりしていました。いつも仮眠状態で、ふと気がつくとものすごい勢いで考え事をしているのがわかるのです。それが、考え事が止まり、普通に眠れる。最近では寝るのが楽しみになってきて、21時には横になったりしています。約2週間、普通に寝たら、どんどん体が楽になってきました。自分の疲れの重さに気がついていなかったのですが、楽になるとわかる。ギリギリ無理をしていました。

 

無理をして乗り切った私にありがとうです。

 

ただ、考え事が止まると、書くことがスムーズにいかなくなりました。歩きながら、料理しながらざっくり考えて、パソコンの前に座れば、一気に書き上げられるのが特技だったのですが、それができなくなりました。

パソコンに向き合って、「うわ、書けない」と思った瞬間に具合が悪くなって1日横になっていました。ふと思って血圧を測ってみたら上が140を超えていました。普段が90前後の低血圧なのですごい跳ね上がり方。ぼーっとして、ただただ横になっていました。

「書くこと」が好きなのと、「書くこと」がお仕事そのものなので、それができないとなったときのショックが大きかったのですね。書くことが何も思い浮かばないなんてことは誰にでもあると思うのですが、私の場合はそれがあまりなく、書くことだけで自分を確認しているようなところがあります。

 

突然、喋れなくなったくらいのショックだったのかもしれないと自分で思いました。

 

この暑さのせいなのか、飲んでいる薬のせいなのか、もともと過敏体質ですがさらに敏感さが増している気がします。もしも薬を飲んでいないとしても、雨も多く気圧は不安定ですし、肌寒いかと思えば突然猛暑になったり、例年からいっても体調に響きやすい環境だと思います。私と同じ、発達障害者の皆さまは大抵過敏さを抱えていますから、具合が悪い前提で、ゆったり活動をされるとよいと思います。

 

その後、講座の新しいテキストも書けていますし、今日はブログを気楽に書くことができました。よかった。急にライフスタイルを変えることになりましたが、だんだんと慣れていくと思います。

 

【このブログはWordPressで書いています】

WordPressは独自ドメインを持ち、書かれた文章のや画像の著作権も自分で持つことができます。無料レンタルブログのように突然アカウントを削除されることもありません。私の運営する広尾88アカデミービジネス部門で作り方や書き方を学ぶことができます。

 

続々開講決定!自分で作るワードプレス講座

 

 

 

 

私が代表をつとめる恵比寿・広尾に位置する広尾88アカデミーでは、植物療法(フラワーエッセンス)、占術、スモールビジネスノウハウを学ぶことができます。たくさんの方が楽しく学び、指導者として成長をしています。私自身は発達障害を持つ経営者として、セミナー運営の他、出版、講演、テレビ出演などを行なっています。「アスペルガーですが妻で母で社長です。」5万部突破。「ザ・世界仰天ニュース」で特集されました。

アスペルガーと似ている状態には、認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。薬があるわけではないので、生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。私がお伝えする事に、「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. アスペルガーと二次障害、睡眠障害。

  2. アスペルガーと味覚障害、そして偏食。

  3. アスペルガーと二次障害、味覚障害。