アスペルガーも、乳腺外来に行ってきました。

こんにちは。

アスペルガー経営者のアズ直子です。

 

今日は「乳腺外来に行ってきました」という話。

 

子どものころからでのことですが、

これまで何度か入院歴があり、

治療等も苦しかったものですから、

病院にはよい思い出がありません。

 

そのため、私はひどい病院嫌いなのですが、

それでも具合が悪い時には検査や、医師との確認は必要だと考えています。

 

インターネットなどには様々な情報があふれていますが、

実際に受診をして、医師と対面で話したことのほうが、

信頼性がある情報だと思うからです。

 

数ヶ月前から、胸に腫れるような痛みがあり、

しばらくしても落ち着かないので、

「乳腺外来」に予約を入れたところ、

この記事を書いている2015年秋は、

有名芸能人と乳がんが話題になっていたために予約が殺到しており、

予約から受診まで約1か月待つということになりました。

 

オフィスのある広尾近辺のクリニックは2か月待ちで、

自宅近辺の横浜で1か月。

 

都心は余計に混雑しているようです。

 

そして今日ようやく受診がかなったのですが、

待合室にいる間も受付では電話がひっきりなしに鳴って、

まだ予約は混み合っているようです。

診察には待ち時間も含めて2時間以上かかりました。

 

・マンモグラフィー

・エコー

・問診

で、診察料は3,500円。

 

結果は「異常なし」でした。

これで安心、安心。

 

病院で嫌な思いをしたくなければ、

まだ病気が出ていないうちが余裕があっていいです。

 

痛みなどの具合の悪さがあると、

少しのことで気持ちが波立ちます。

 

一度行った病院には、

予約方法から受診まで「慣れて」いますから、

緊張感や面倒くささもさほどありません。

 

大事なのは「予防」。

大事なのは大事にならないうちの「対処」です。

 

ランキングの順位があがると、

より多くの人に私の思いが伝わります。

バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 

(読者の皆さまへ)

アスペルガーと似ている状態には、

認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。

薬があるわけではないので、

生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。

私がお伝えする事に、

「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、

このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

<SNSで交流しましょう>

公式フェイスブックページ

https://www.facebook.com/asnaoko

ツイッター

http://twitter.com/muxia0214

ーーーーーーーーーーーーーーー

~いまの目標~

発達障害に関わるお母さんたちを集め、

お母さんがセラピストとして活躍できるコミュニティをつくること。

~いま興味があること~

発達障害と言われる状態が、

どのようにしたら落ち着き楽になれるのかということ。


関連記事

  1. 「ザ・世界仰天ニュース」に出演しました。(2015年12月9日)

  2. アスペルガーのあなたが、疲れ果ててしまう犯人は?

  3. アスペルガー「人への執着心」対策

  4. お母さんの育て方が悪い、私は育てられた方のアスペルガーですが。

  5. 違ってもいいじゃない、海外生活経験はアスペルガーを救う。

  6. 発達障害者は普通に生活をするとボロボロになってしまうという話

  7. アスペルガーは、アスペルガーが大嫌い

  8. 人を怒らせたとき、アスペルガーは一ヶ月くらい黙っていなさい。