負のワンパターンに支配される人生を、トチノキの芽が書き換える。

負のワンパターンに支配される人生を、トチノキの芽が書き換える。

私の長所は”持久力”があることなのですが、時々、これは短所なのかなと思うのは、実は苦しい行動パターンを抱えていても、持久力高く持ちこたえ続けてしまうことです。もっと楽な方法があるのに、わざわざ面倒な方法にこだわって、変わることができない。

例えば、「これやってみたいな」と思うとあまり考えずに実行に移してしまう。特に仕事にその傾向があります。どんどん新しい仕事を作り出して、締め切りに終われる日々を自分で生み出してしまうのです。毎日何か締め切りがあって、毎日”間に合わせなくちゃ”とストレスを抱えている。こんな生活を気がついたら20年以上送っていました。

いえ、もしかしたらもっと前からかもしれません。どんな時の様子に似ているかといえば、中高生の頃の定期テストの前のような心境です。テスト期間は、毎日”間に合わせなくちゃ”と勉強を詰め込んでいました。大学受験の時は浪人もしたので、2年、毎日”間に合わせなくちゃ”。学生時代も、勉学に熱中するというよりは、テストやレポートに毎日”間に合わせなくちゃ”

で、働くようになってからは、自分で何か締め切りを作っては、苦しみ続けているような気がします。

もっと、気持ちを楽に生きたいなあ。

努力をすることは私にとって心地よいことですが、いつも焦りがあるのは嫌いです。何か取り組み方を変えていきたいです。生き方そのものを変えたいです。

チェストナットバッドは、”学習能力”をサポートするものなので、失敗をしないために飲むことが多かったのですが、自分を楽にするために使うこともできます。価値観や行動パターンを根本的に変えるのです。私の場合は、プレッシャーを和らげる22番のオークと合わせて使うのがいいのかもしれないと思いました。

自力で自分の”負のプログラム”を書き換えるのが無理なら、バッチフラワーレメディを飲むことでマインドを改造していきましょう。

チェストナットバッドは、トチノキの芽です。桜が散り終わった頃に鮮やかな赤い花を咲かせる樹なので、気をつけて探してみると身近に生えていたりします。本当に長い間変わらない固い芽の状態を保ち、ある日その芽が開き始めるとあっという間に、葉や蕾が一気に生えてきます。劇的な変化を本当に数日間に見せつけてくれる植物です。

 

 

 

07 チェストナットバッド Chestnut Bad

同じ間違いや失敗を繰り返しているあなたが、
経験から学び、変わることができるようになります。

科名:トチノキ科 和名: 西洋トチノキの芽 学名:Aesculus hippocastanum
製造方法:煮沸法  開花の時期:4

チェストナットバッドのネガティブな状態
・経験から学ぶことができず、同じ間違いを繰り返す。
・ケアレスミスを繰り返してしまう。
・同じパターンの間違いが染み付いたまま変われないでいる。

チェストナットバッドを使ったときに起きる変化
・日々の経験から積極的に学び成長できるようになる。
・集中力や学習能力も高まり、非常に早い成長を遂げる。
・今までとは違う価値観や行動パターンを身につけ、大きく変われる。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

 
発達障害 ブログランキングへ

関連記事

  1. 息をしているだけでも不安が押し寄せる心境を、アスペンが癒す。

  2. 季節は待つもの、スウィートチェストナット

  3. 私には弟子にも信者にもならない、神様に直結させてくれるセラトーの花。

  4. 疲れ果てて動けない、疲労感という感情をオリーブや癒す。

  5. 凍りつくような恐怖感を溶かす、ロックローズの灯火

  6. 本当に成長できるのは身の回りを焼き払ったあとかもしれない、焼け野原に芽…

  7. 感情整理の言葉、大丈夫が口癖の人に。

  8. 上手になってほしいと願えばいくらでも出てくる”ダメ出し”、嫌な人になり…