英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月4日の植物との対話

 

おはようございます。
英国式植物療法を学ぶ、広尾88アカデミーのアズ直子です。

2016年4月4日の朝です。

 

昨年12月にテレビ出演した影響で、3月までは忙しい日々を送っていました。
「3月までは忙しくてもとにかく仕方がないとしよう」と決めておいたので、
自分自身、不平や不満を感じても「仕方がないと自分で決めた」と、
納得することができました。

 

「いつまでは」という時間的な区切りを決めておくのはとてもよいと思いました。

 

アスペルガーが先行きが見えない不安に弱いと言われます。
この忙しさがいつまで続くのだろうという先行きが見えない不安に対して、
3月末までという明確な期限があればそれでよいのです。

実際、4月になっても忙しさはそれほど変わらなかったりします。

 

でもそもそもの目的として、決めた期限まで、
どんなに疲れてもそれを不満に変えないということが果たされればよいのです。

 

今日のルール

先行きの見えない不安につぶれないよう、
がんばる期日を具体的にきめておきましょう。

 

 

今日まで、「一段落をした」という決まり文句でのんびりしました。
いろいろな残務があったのですが、のんびりを許してくれた皆さまに心から感謝をしています。

 

さて、4月からいくつかのチャレンジがあります。

テレビ出演の余波があったころは、
テレビを通じてアスペルガーを知った本当にたくさんの方々に、
発達障害についての情報を伝えたい、希望を持って欲しい、
楽になって欲しいという想いで、

「アスペルガー」や「発達障害」というキーワードで、情報発信を続け、
10回を超える講演会やトークショーに出演してきました。

 

テレビでは、私というアスペルガー当事者が家族の協力で幸せになれたという、
主には家庭面での落ち着きを紹介していただくことができたので、
その続きの、独立起業を通じて社会参加をしている姿も、
伝えたいという想いがありました。

 

そして、たくさんつながることができた方々に、
今度は「ホームケア」というテーマで、
その素晴らしさを伝えていこうと思うのです。

 

私の実業はもともとセラピー用品の卸売りです。

 

全国の治療院やサロンに、
「フラワーエッセンス」という分野の商品を卸売りすることが生業です。

 

そんな仕事を1998年から行っていますので、
自然とリラクゼーションやセラピーに詳しくなりました。
いまお取引があるのは、主にアロマセラピー関係のスクールやサロンです。

 

病院などで受けられる治療やカウンセリングとは別に、
家庭でいつでも手軽に実施できるケアは、
発達障害の影響で出てくる苦しさを和らげるのにとても有効です。

 

食事や運動、睡眠に関わる知識や、マッサージなどのリラックス法、

実際にそれを実施する際の技術や注意事項を、
「セラピスト」という専門家を育成することで、家庭に浸透させたいのです。

 

そうしたケアがとても進んでいるのはイギリスやフランスで、
すでにセラピストが多くの医療機関でも活躍しています。

 

日本はセラピーが健康法というよりは、
ファッションや趣味的なものとして普及してしまったので、
困っている人にケアが行き届いているかといえば、
かなりの立ち遅れがあるといわざるを得ません。

 

ビジネスのスキルやセンスが、セラピー業界になかなか浸透しないことも、
普及が立ち遅れている大きな原因になっています。

 

現在、私の拠点となっている広尾のオフィスを、
2016年10月に、セラピストと発達障害をつなげることができる、
セラピストの育成拠点とし、
「広尾88アカデミー」と改称してリニューアルオープンします。

 

半年、そのための実務をこなしていくことになりますが、
これは今以上に大きなチャレンジになることと思います。

 

すでに心強い提携関係や応援をいただいており、
完成がとても楽しみなプロジェクトとなっています。

 

興味のあるセラピスト、またはスクール関係者の方は、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

大きなよい変化を起こせることをご期待ください。

 

 

 

植物には意志があり、いつも人によい働きかけをしてくれています。

その恩恵が受け取れるように一緒に学んでいきましょう。

 

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

 

言葉の力でマイナス感情を変える
「感情整理ワンデイ講座」

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

 

 


関連記事

  1. 満月だろうと新月だろうといいことがない理由を、アスペルガーが解説します…

  2. 言ったら嫌われるだけ、アスペルガーの私の本当の気持ち。

  3. お金ちょうだいといえる友達、英国式植物療法バッチフラワーレメディ

  4. 独特な生き方、人に疲れたときは植物と話すとよい

  5. もうすぐ私死ぬのかもと思った、教訓のない夢のような話

  6. ギリギリ主義と早巻き主義あなたはどちら、英国式植物療法バッチフラワーレ…

  7. アスペルガーがおかたづけ講演会、英国式植物療法バッチフラワーレメディ

  8. お金持ちになりたいなら、弱点の棚卸しは何よりも大切