アスペルガーで妻母社長ですが、怪談師に入門しました。

突然だけれども、”怪談師”に入門した。

 

突然ではないかもしれない。

 

今年の夏に、あまりにも仕事ばかりしている私に、

「楽しいことはないのか?」と聞く人がいた。

 

さっと答えられなかった。

どれもこれも仕事に結びついてしまって。

それでひねり出したのが「怖い話」という答え。

 

六本木に怪談が聞けるバーがあり、

数人連れ立って聞きに行った。

 

わくわくして、楽しくて、そして迷惑も考えずに、

「弟子入りさせてもらえませんか?」と門を叩いた。

詳しい事情はあとにするとして、

 

本を出してから、「アスペルガーとはなにか」という問いに答え続ける中で、

本当にたくさん葛藤があったし、

正直言って飽きてきた。

 

人は、自分にとって便利な話を求めているので、

それに答える話ばかりをすることになる。

 

失敗の仕方も、アスペルガーらしい想定内のものを求められる。

優れたところも、天才という言葉にまとめられるようなものを求められる。

 

でも、そればかりではないんだよ。

 

小さい頃から怖い話が好きだった。

それは、天狗を見たり、空中にこの世のものではない公園を見たり、

私にとってはよくある話が本の中に書いてあったから面白かった。

 

生きている人と、亡くなっている人の境界線が曖昧なところがある。

生きている人を気にしながら生活しているけれど、

亡くなった人に気遣いながら生活もいまだにしている。

 

夢と現実の境界も曖昧で、

夢の中で走ったら、目覚めたときに足が本当に疲れていたり、

夢の中でなにか食べたら、目覚めたときにお腹がいっぱいになっていたり。

夢の中の世界に、頼りにしている人がいる。

「あっちの世界の人」とでも言ったらいいのかな。

 

そういう話をすれば気味悪がられるし、

そういうものを見いていればぼーっとしていると言われる。

 

でも、私らしい私といえば、

そういう、気持ちの悪いところこそ私らしい。

 

受け入れてくださった、城谷歩先生、

本当にありがとうございます。

 

本当に一生懸命お稽古します、その日を楽しみにしています。 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 


関連記事

  1. 時間管理が苦手なアスペルガーは1つ先までクリアを、英国式植物療法バッチ…

  2. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月17日)

  3. インスピレーションを磨く、「植物観察」という方法。

  4. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月3日の植物との対話…

  5. うらやましいと思ったら素直に真似る、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  6. 人生の一部を差し出してする意味があること。

  7. ギリギリ主義と早巻き主義あなたはどちら、英国式植物療法バッチフラワーレ…

  8. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月16日)