褒めるのに疲れて思い出した、チコリーが癒す”認めて欲しい病”の自分。

「褒められて育つタイプです」と自己紹介で言われると、つきあいにくい、嫌だなあと思ってしまうのです。

これは、「私には厳しいことを言わないでくださいね」という合図なのかな。
何かするたびに褒めないといけないのかな。

と、頭がぐるぐるしてしまい、なんだか気を遣う、面倒臭い人に思えてしまう。

 

私はセミナー講師なので、知らない人が知識を得られるように、できない人をできるようにお教えするのが商売です。それから社長なので、一緒に働く人を、やはり初めて経験する仕事が多い中で、できない人ができるようにお教えするところからスタートすることが多いのです。

 

そんなに最初から何でも上手にできる人はいません。「褒められて育つ」と言われても、どこにも褒めるところがない場合はどうしたら良いのでしょう。例えば笑顔が素敵とか、着ている服が素敵とか、関係ないことでいいならなんとか探すことはできるけれど、そうまでし耳触りがいい言葉を聞きたいのかなと疑問に思います。

 

たまにとても器用でスピーディーな人はいますけれど、そうなると褒めるというよりは、「すごいですね。」と素直に感心することになるので、褒めるとはちょっと違うニュアンスを感じます。

 

私自身が「褒めて育ててくださいね。」と人にお願いした場合、きっとまだまだ上手ではなくても、もっと成長する必要があって、褒められてしまうのですよね。そうすると、どこが良くないのかわからないし、どうせいつも褒められると思うとありがたくありません。本当にできるようになった時に心から褒めてくれた方がずっと嬉しいのになあと思います。

 

「褒められて育つタイプです」という人が嫌い。

 

と思うと、なぜかそういう人がどんどん来るんですよね。負の引き寄せなのでしょうか。意識をすると余計に寄ってくるんです。怒らないでください(怒っていないのに)、ダメ出ししないでください、否定されると凹みます、褒めてくださいって、本当に面倒くさい。素晴らしければ自然に賞賛の言葉が出るのだから、無理やり言わせてそれで満足なのかな。

 

とにかく、次々に「褒められて育つタイプの人」がやってきて、軽く情緒不安定になっています。

 

ところがふとある日、昔働いていた職場での夢を見ました。

バッチフラワーレメディを使い始めると、鮮明な夢を見ることが多くなります。感情の整理が始まり、過去の記憶を一度引っ張り出してしまい直すという、記憶の整理整頓が始まるのだそうです。

私以外はほとんどが中国人という職場。

 

「この書類は私が作りました。」「こんなに早くできました。」と、いちいち言い添えては提出物を上司に渡している自分。私はこんなにこの職場のことを考えているんです。私はこんなに熱意があるんです。いちいち、自分の存在を確認している自分。誰に認めて欲しかったのか、がんばっている自分を誰かに知って欲しくて、私を見て褒めてくれというオーラをいつも放っていました。

 

ハッと夢が覚めた時に、本当に赤面していました。確かあの頃はまだ20代。キャリアを積んだ人から見ればさぞかし滑稽だっただろうに、私は何もできない新人のくせに、自己PRを止めることができなかったのです。

 

そして私が気が付きました。

 

こんなにも「褒めて欲しい」人がやってくるのは、そうであった自分を思い出せという神様からのメッセージなのです。そうであったと過去形にしましたが、全く過去のことではなくて、現在進行形、今の私も報われたくて仕方がない、「褒められて育つ人」に他なりません。

 

そういえば数日前、会社のスタッフと言い争いをしていた時に、何度も繰り返したのがこの言葉です。

 

私は全然報われていない!

 

本当にそう思っているのですが、自分がはたいた労力、時間、お金、その他全て、全然回収できていない気持ちが本当に重く重くあるのです。人のせいでひどい目にあって、こんなにがんばったのに何もリターンがないことが今の私を相当に苦しめています。恨みもかなり強いので、私こそが、働きを認めて褒めてほしい、うっとおしい女そのものなのです。

 

なんだか、全ての出来事が神様からの課題に感じられてくるのですが、もしも私が「認めて欲しい」「報われたい」という感情をクリアしたら、面倒な人がやって来ることはなくなるでしょうか?何があっても見返りを求めず、うまくいっても行かなくても、自己責任だと理解して、わだかまりなく動くことができるのでしょうか。

この先の展開が全く予測できないですし、何も求めてはいけないなんて損だと感じてしまうので(この時点で、すでに成長ゼロ)、自力でなんとかせずにまずはチコリーを毎日飲んでみようと思います。

08 チコリー Chicory

いつも見返りを求めて相手を束縛してしまうあなたが、
何も求めず人の負担にならずに済むようになります。

科名:キク科 和名: キクニガナ 学名:Chicorium intybus
製造方法:太陽法  開花の時期:79

 チコリーのネガティブな状態
・過剰に気を使い人の世話をするが、見返りも期待する。
・誰かに必要とされることが喜びとなり、自分が中心人物となることを望む。
・面倒を見ては相手をコントロールしたがるため自立を阻むことにもなる。

 チコリーを使ったときに起きる変化
・見返りを求めることなく、相手を束縛しなくなる。
・人の幸福をバランスのとれた形で考えられるようになる。
・社会全体に奉仕の精神を発揮する。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

 
発達障害 ブログランキングへ

関連記事

  1. 一番弱いのは変われない人、ロックウォーターで岩のような頑固さを崩す。

  2. やる気がないのではなく苦手意識、ミムラスの花が外してくれる心のブレーキ…

  3. 感情整理の言葉、大丈夫が口癖の人に。

  4. 淋しさにつけこむくらいならはじめから下心だと言って、ヘザーを孤独な私に…

  5. 成功体験は心の支え、ただし依存しすぎていると感じたらハニーサックルの花…

  6. あと3日続けたら違う世界が見えてくるのに、すぐやめてしまうあなたにリン…

  7. 季節は待つもの、スウィートチェストナット

  8. アスペルガーの心の整理、金銭不安の源を考える。