お金持ちになりたいなら、弱点の棚卸しは何よりも大切

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

 

「お金持ちになりたいなら、弱点の棚卸しは何よりも大切」

 

今年の7月、

経営する会社は過去最高の売上を記録した。

 

そうできた理由は多分2つある。

 

コツコツ学んできたビジネスの方法が、

やっと身についてできるようになったこと。

 

もっと自分に自信が持てるように、

考え方も変える努力をしたこと。

 

その結果、

足りないことが多かったお金が、

必要なだけいつもある状態になった。

 

あらゆる支払いが前倒しで済むようになった。

 

私のビジネスは物販の占める割合も多く、

大量の商品を仕入れる必要がある。

 

その金額は大きく、

支払い時期には、

「どうやって調達しよう?」といつも悩んでいた。

 

今度よく観察してほしい。

月末のATMの前で具合悪そうにしている人がいたら、

きっと私のように支払いに悩む、

小さな会社の社長だと思う。

 

そしてとてもうれしかったことは、

家計から持ち出した数百万円をこの夏一括で返せたこと。

 

主婦はやりがちだと思うけれど、

生活費や家の貯金から、

足りない分をつい補填してしまう。

 

利子が付かないから、

キャッシングなどに手を出すよりいいかもしれない。

 

でも長年のこととなると金額は膨らみ、

そのためにお子さんにかけられる学費が減ってしまったり、

老後の資金が不安になったりしては困るだろう。

 

持ち出している人は、

悪いことは言わないから旦那さんにすぐ報告したほうがいい。

金額が大きくなれば、それは離婚の原因に十分なる。

 

 

仕事は仕事、家庭は家庭。

 

完全に分けられるようになるまで、

こんなに時間がかかってしまった。

 

大変、スッキリした。

支えてくれた家族には心から感謝です。

 

私には、なんでも自分で始末しようとする癖がある。

人に弱みを見せられない。

 

自分でなんとかしてその場はしのぐけれど、

その蓄積で苦しみ続ける。

 

多分、今回お金を正常化できたのは、

弱点を全て見える化したからだと思う。

 

いくら持ち出している。

毎月いくら足りていない。

仕事のうまくいっていない部分。

実力が追いつかない部分。

 

税理士に私にもわかるように示してもらい、

家族にも伝え、

そして家計への返済金額を確認、

分割してもらったりして、協力を仰いだ。

 

見える目標は目指しやすい。

もう弱点もバレているから、心の中で怯える必要もない。

 

正々堂々待ってもらい、応援してもらい、

その結果、

一夏で一括返済がかなった。

 

お金が溜まりだした。

いくつか自分へのご褒美も買えた。

 

”自分の棚卸し”というと、

できることをリストアップする人が多いが、

それより先にするべきことは問題の見える化だ。

 

問題を列記して眺めていたらネガティブな気持ちになるかもしれないけれど、

それを逆転すればとてもいい気分になれる。

 

そこから目をそらしてはいけない。

 

悩みを表に出さない、人に頼らないのは、

一見、美徳に見えるかもしれない。

 

でも、

確実に心に負担がかかり、

場合によっては、誰も知らない中で事態が悪化していく。

 

お金ことでも、病気でも、いじめでも、

「気がついたら手遅れ」ということになりがちだ。

 

人に頼りにされるということは、

ちょっとうれしいことでもある。

 

まだ傷が浅いうちに、

「ねえ、困っているんだけど聞いてもらえる?聞くだけでいいから。」と、

悩みを打ち明ける練習をしてみてはどうだろうか?

 

それでもどうしても人に頼れない人がいるなら、

周囲の人から、

「いつでも相談にのるよ」と死ぬほど刷り込んでおいたほうがいい。

 

「どうしてもっと早く言ってくれなかったの?」と、

ある日叫ばなくて済むように、

 

こうした小さな工夫を人の心というものに対してしておくといい。

何事も予防だ。

 

 

 

◆━━広尾88━━━━◆◆


生きづらい人が楽になる

生きづらい人が強くなる

アズ直子発達障害講演会

 http://mtta.jp/as/

心を癒す植物療法バッチフラワーレメディ

 http://mtta.jp/bach/

セラピストのためのビジネストレーニング

 http://mtta.jp/business/

学びと最新情報をお届けします!

 公式メールマガジン

https://goo.gl/KKio3L

◆◆━━━━━━━━━◆

 

私がセラピスト養成を手がける、
英国式植物療法バッチフラワーレメディは、

1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。

38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

 

 

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 


関連記事

  1. 時間管理が苦手なアスペルガーは1つ先までクリアを、英国式植物療法バッチ…

  2. ギリギリ主義と早巻き主義あなたはどちら、英国式植物療法バッチフラワーレ…

  3. アスペルガーがおかたづけ講演会、英国式植物療法バッチフラワーレメディ

  4. 満月だろうと新月だろうといいことがない理由を、アスペルガーが解説します…

  5. 亡き人との再会、とら蔵をよろしくお願いします

  6. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年3月28日の植物との対…

  7. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月14日)

  8. 言ったら嫌われるだけ、アスペルガーの私の本当の気持ち。