かわいそうでおろかなアスペルガーを簡単にやめる方法

アスペルガー経営者のアズ直子です。

 

今日は、

「転落人生には負のワンパターンがある」と思ったお話。

 

2015年11月18日の昼、

首から上に急に麻痺が出て、

救急搬送となり「顔面神経麻痺」と診断されました。

 

脳卒中のようなおおごとではありませんでしたが、

絶対安静で自宅療養をしています。

 

こういうときって、

実はいいこと悪いことを考えるのも面倒で、

 

体にいい悪いも考えないで、

薬を飲むために3食規則正く食べ、

 

精神衛生上、いい悪いも考えないで、

一日中、サスペンスドラマを見ているんです。

 

もともと好きなんです。

 

いい人はいい人に。

悪い人は悪い人に、わかりやすく描かれています。

 

主人公以外に大物俳優・女優が配役されていれば、

大抵その人が犯人か、それに近いキーパーソンです。

 

1時間45分くらいで必ず解決に向かって最後は勧善懲悪です。

 

白黒はっきりさせる方向性なのが、

曖昧さが苦痛なアスペルガー向きなのかもしれません。

 

本当に、爽快なくらいワンパターンです。

 

そこで妬むから

そこで怒るから

そこで抵抗しないから

そこで思いつめちゃうから

そこで間違った選択をするから、

 

殺人事件になっちゃう。

 

お酒とかタバコとか、

武器とか物騒なものを身の回りに置いちゃって、

場末なんかに住むから、

 

殺人事件になっちゃう。

 

ゆすられる理由なんかも、

絶対に信じてはいけない人をあっさり信じたりして、

本当にかわいそうなくらいおろかです。

 

でもドラマのなかの登場人物たちは、

どうにもならない事情や心境や、

人間関係や家庭環境、過去のトラウマなどに苦しみ抜いています。

 

ふと、私の苦しかったころも、

ドラマのように俯瞰してみれば、

こんな風に以外とワンパターンだったのかも。

 

冷静に判断して対策すれば、

簡単に解決することだったのかもしれません。

 

倒れて一週間。

そんなドラマを見続けて結論。

 

「自分からやっかいなドラマを生きることはない。」

 

役柄と居場所を変えればいいんです。

かわいそうでおろかな発達障害者の役を、

引き受けて演じるのはやめよう。

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー 

開催決定しました!

 

バッチフラワーSPセミナー

 

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 


関連記事

  1. アスペルガーと皮膚疾患 オーガニックは本当にいいの?

  2. アスペルガーを救う?いじめ封じの魔法の言葉

  3. 人を怒らせたとき、アスペルガーは一ヶ月くらい黙っていなさい。

  4. アスペルガーが救急搬送され、顔面神経麻痺だった話。

  5. 【アズ直子実践】「マインドマップ」アスペルガー・発達障害に役立つノウハ…

  6. アスペルガーの子育て、生きづらさを私の代で終わらせる

  7. 辞めたスタッフのメールを見たら大変なことになっていた

  8. もうひとつの家族、アスペルガーのせいで大変苦労している人たち。