発達障害、自分が悪いと納得できないときに。

アスペルガーの特性で厄介だと思うのは、多くの他人様と異なる感覚を持っているということ。人と意見が合わない。常識と思っていることが違うということがよく起きる。自分の方が変わり者だと頭ではわかっているのに、折り合えない。私は相手が間違っていると思うし、相手は私が非常識だと思う。「謝れ」と言われても謝れない。そうしているうちに人間関係が破綻してしまう。

 

「自分が悪いと思っていないのか」と呆れられることもある。大抵は悪いと思っていない。むしろ、相手の方が間違っていると思う。悪いと思っていないから謝れない。そもそも自分が謝った方がいいという空気にすら気がつかない。

 

今は、都度人間関係破綻していては、ビジネスが成り立たないので工夫している。まず謝る、すぐに謝る。常に自分が間違ったことをしていないか確認しては、少しでも違和感があれば謝る。そうしておけば大抵ご縁は安泰となる。何が正しいかなんて多分答えが出ないことで、相手を尊重する態度が大事なんだと思う。

 

万が一、相手が本当に悪い時も、「間違っている」とトドメをさしてはいけない。自分が正論を振りかざす時ほど、相手の顔を潰さないように気を使わなければならない。こういう気の使い方は苦手なのだけれども、私もせっかく仲良くなれる人を失うのは嫌だと思っている。

 

謝りまくって、次にしなければならないのは、全く納得していない自分の心を救済すること。「どうして自分は間違っていないのに、頭を下げなければならないのだろう。」、この思いが溜まっていいことはない。

 

私は正しいかもしれない、でも相手が嫌な気持ちになったという事実があるなら、そのことに対して謝ればいい。心地よく伝えてあげられなくてゴメンなさい。他に言い方もあっただろうに、傷つける言葉を選んでしまうのは私の落ち度。

 

「不快に感じさせたことをまず詫びる」

 

すごく仲良くなれなくていいので、せめて憎みあう事はなくしたい。もう誰ともケンカしたくないと40歳をすぎてまで願う。まるで小学生の願いのようだ。

 

 

 

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

 
発達障害 ブログランキングへ

 

関連記事

  1. もうひとつの家族、アスペルガーのせいで大変苦労している人たち。

  2. 毎年4月2日は世界自閉症啓発デー、そして発達障害啓発週間

  3. アスペルガーの目つきの悪さ、生理的に嫌われる理由

  4. もしもアスペルガーの私が、もう一度小学生に戻ったら

  5. アスペルガーは自己肯定感が低い、それも必要なマインド

  6. アスペルガーが信じている、幸せになる条件。

  7. お母さんの育て方が悪い、私は育てられた方のアスペルガーですが。

  8. アスペルガーが新年の目標を立てるとき、準備期間を設けるとうまくいく。