【在宅仕事】パソコンが苦手な人へ

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、にわかにテレワークという言葉が脚光を浴びました。人が動くと感染者が増えてしまうからできるだけ在宅でいようという空気が突如として現れ、ものすごい力で私たちの生活様式を変えていきました。

 

私はもともと、自宅の一室にパソコン一台を置いて、ネットショップのオープンから起業をした在宅ワーカーです。子育ても一段落している今、私の生活はほとんど変わることなく、幸いなことにこの「在宅仕事」のアドバイザーとして仕事をすることもできています。

 

最近最も増えたご依頼は、ネットショップの開設です。今までは店頭で販売することができた商品を、テイクアウトだけでは売り上げが間に合わないので、全国に通信販売を展開したいということです。私が起業をした頃に比べて、ネットショップを作ることは本当に簡単にできるようになりました。ただ、ネットショップを作るのが簡単でも、商品を販売するということは簡単なことではありません。準備からお取引の完了まで丁寧な仕事が必要です。これからを考えるのであれば、通信販売が必須ではないうちに、準備を進められるといいと思います。いつでもネットショップの運営ならできると、自信をつけておけばひとつ安心が増えるのではないでしょうか。

 

 次に増えたのは、特に今在宅仕事の必要に迫られているわけではないけれど、今後を考えてパソコンで仕事ができるようになっておきたいというご要望です。

 

 ブログを書いてみたい。インスタグラム をやってみたい。チラシをパソコンで作ってみたい。家計簿をパソコンでつけてみたいという方もいらっしゃいました。

 

 私の会社では、すでにパソコンやインターネットを使って、積極的に仕事をしている方たちが多く学んでくださっています。もともとパソコンが得意ではない方もいらっしゃいましたが、必要なことを淡々とパソコンで行う癖をつけていけばやがてはできるようになっていきます。

 

パソコンという機会に対して強いアレルギーを持っている方もいます。インターネットに対してプライバシーを暴くものという抵抗感を持っている方もいます。もちろん正い使い方をしなければ何だってリスクはありますが、私はそうした抵抗感を軽くするのにこのようなお話をいつもしています。

 

 「パソコンを使わない」という宣言は、馬車から車の時代に変わるときに、絶対に車に乗らないと言っているようなもの。ランプから電気の時代に変わるときに、絶対に我が家には電気を引かないと言っているようなものです。

 

パソコンを使う難易度は、車を運転できるようになる1/100程度です。車のハンドルを切り損ねると、命に関わる事故が起こりますが、パソコンのボタンを押し間違えても怪我をする人はいません。車の運転は多くの人が何の疑問もなくできるようになります。パソコンも同じように、もっと楽にできるようになります。

 

パソコンを好きになりましょう。自粛期間の学習にちょうどいいと思います。

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

 
発達障害 ブログランキングへ

 

関連記事

  1. 仕事(勤めない働き方)

  2. 迷惑なくらい強い正義感を、うまく鎮める方法は?

  3. アスペルガー妻母社長、起業20周年を迎えました!

  4. 不器用なアスペルガーに勧めたい、1日2歩の努力。

  5. 「在宅ワーク、家から一歩も出ない働き方への道(1)環境を整える」

  6. アスペルガーに、フリーランスという働き方は素晴らしい!

  7. 【ビジネス】自分の力で生きる 家から出ない働き方

  8. 【在宅仕事】自分の力で生きる 在宅仕事の机問題