人生の一部を差し出してする意味があること。

「人生の一部を差し出してする意味があること。」

飼い猫のとら蔵が亡くなってから、一日一日と日は過ぎる。私の中に確実に何かの変化を残しながも、ショックも悲しみもだんだんと薄れていくのがわかる。こういうのを「人生経験」と言っていいのかな。40歳半ばになるこれまで、幾度かダーメージを強く受ける経験があった。辛くて悲しくて、絶対にこのことは忘れないと思うのだけれども、でも忘れてしまうのだ。だんだんとご飯が食べられるようになり、テレビを見て笑えるようになり、そのことを忘れている日の方が多くなり、「私ってひどい」とそのことで自分を責める。だから、とら蔵の旅立ちに際しても思った。きっとこの悲しさは薄れてしまう。とら蔵ごめんね。

だからこの瞬間の気持ちを書く。やがて忘れてしまうからと思って書く。

今日、留守番猫にしても絶対に死なないと思った。でも死んでしまった。あの時家にいればよかった。もっと早く会社の近くで暮らすマンションを手配すればよかった。ほんのすこしの油断や先延ばし。私が無駄に過ごした時間をぎゅっと圧縮すれば、もっと早くいい環境が作れていたのに。何もしない時間は必要だと思うけれど、例えば噂話に費やしている時間、暴飲暴食に費やしている時間、自分の淋しさや虚栄心を埋めるための時間。もっと価値があることに使えばよかった。

「今日ね、本当に行って来てよかったのよ。」

「今日ね、すごく喜んでもらえたの。」

「今日はうまくいかなかったけど、これも糧になると思う。」

24時間365日、そんな風に張り詰めているのは不自然だけれども、とら蔵に「ねえ、何をしていたの?」と聞かれても誇れるような時間の使い方をしたい。私の人生は私のものだけではなくて、返事や、帰りや、原稿の仕上がりや、講演会に来るのを待っている人がたくさんいる。その人生の一部を差し出しても意味があると思うことだけをしたい。

”ミッション”(使命)がない仕事は意味がないという話をすることがある。私はこれを果たすために生まれたのそのために今日も尽力したの。そう言えない限り、私はいま自分の時間を何かに投じるのが怖い。

そう思いつつ、ふとこのブログを書いているカフェの店員さんの姿が目に入り思う。あの人にとっては時給数百円のアルバイトかもしれないけれど、なんとなく居場所に困っている私には、あなたがここで働き、コーヒーを出してくれることがとてつもなくありがたい。あなたの1時間を使って私を支えてくれて、本当にありがとうと思う。

人は無意識につながって奪い合いもすれば支え合いもしているのかもしれない。「万物は全て繋がり関係しあっている。」と哲学的な話を聞くことがあるけれど、なんとなく実感が湧いて来る思いだ。

 

 

私が代表をつとめる恵比寿・広尾に位置する広尾88アカデミーでは、植物療法(フラワーエッセンス)、占術、スモールビジネスノウハウを学ぶことができます。たくさんの方が楽しく学び、指導者として成長をしています。私自身は発達障害を持つ経営者として、セミナー運営の他、出版、講演、テレビ出演などを行なっています。「アスペルガーですが妻で母で社長です。」5万部突破。「ザ・世界仰天ニュース」で特集されました。

アスペルガーと似ている状態には、認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。薬があるわけではないので、生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。私がお伝えする事に、「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. アスペルガーが垣間見た、もしもホームレスになったなら

  2. もうすぐ私死ぬのかもと思った、教訓のない夢のような話

  3. 睡眠時間を削らないでお仕事たくさんしたい、英国式植物療法バッチフラワー…

  4. 時間管理が苦手なアスペルガーは1つ先までクリアを、英国式植物療法バッチ…

  5. 神様はいると思います、英国式植物療法バッチフラワーレメディ

  6. 発達障害者には災害時に「邪魔をしない」という貢献方法もある、英国式植物…

  7. アスペルガーが幸せになるには、わかりやすい特技を持てばよい。

  8. アスペルガーがおかたづけ講演会、英国式植物療法バッチフラワーレメディ