発達障害の生きづらさ、お金で買える「生きやすさ」。

生きづらさを和らげていくには、

「お金」というファクターはとても重要。

 

発達障害だけではなく、

何かのハンディを負った場合、

 

そのことで生まれる生きづらさを和らげていくのに、

お金のあるなしは大きな分岐点になる。

 

たとえば体質などで通勤が辛い人が、

グリーン車の運賃を出せるなら、 

仕事を辞めずに済む率はかなり上がるだろう。

 

地の利がよいところに居を構えられれば、

通学も通勤も、日々の買い物の、何もかもかなり楽だろう。

 

 

オーガニックなど体によい食材を日常的に食べても、

体調、情緒はかなり落ち着く。

でも今の日本ではオーガニック生活はかなり高価だ。

 

マッサージや整体など定期的に受けられたほうがいい。

でもこれも数千円からする。

 

一般科目はいい成績取れないけれど、

芸術やスポーツなどに才能があることがわかるとする。

もしも本当にそれが花開きそうな場合、

音楽もダンスもスポーツもやたらとお金がかかる。

一流になればなるほど、留学なども視野に入れてそれこそ巨額。

 

一芸を認めてくれる私立の学校などの学費も高い。

 

日本はみんなが同じにする「平均化」を価値とする国。

海外に飛び出せば楽になる気持ちもある。

でも、海外留学、海外生活にも、安くはないお金がかかる。

 

私自身は極めて裕福な家庭の子ではなかったけれど、

今は亡き祖父母の援助と、父がしっかりと働く人だったので、

なんとかなってきたように思う。

 

ちなみに父は70歳を超える今でも現役フルタイムで働いている。

 

 

お金があれば買える「生きやすさ」は必ずある。

ここから目をそらすと、買えるものも買えなくなってしまう。

 

教育福祉の世界では、

やたらとお金の話を嫌う。

 

学校ではビジネスを教えない。

だから小さいころからしておいたほうがいい準備が、

大人になってから慌ててすることになったりする。

 

興味深いことに、

生来なんのハンディも負っていない人が、

「お金がない」ということでどんどんおかしくなっていくのを、

 

経営者としてビジネスシーンに関わることも多いので、

見聞きする機会が多かった。

 

「貧困」って恐ろしいよ、人格まで変わっていくんだなと思う。

 

・精神的にネガティブになる。

・焦りや不安から、人に対して攻撃的になったり卑屈になったりする。

・小さな出来事にもパニックを起こす。

・簡単なことがこなせなくなる。

・SNSやゲームなどに現実逃避を始める。

・やたらと動いて、人と一緒にいようとするかと思えば、急に人を避け始める。

・多弁になる。

・大食いになるなど食生活が乱れる。

 

これって、まるきり発達障害者の生きづらさと変わらない。

生来の発達障害者に、金銭不安や貧困の問題がかぶったら、

本人は相当に辛いだろうし、

 

周囲の人も見ていて不安になるだろう。

 

不安にさせる人に仕事なんか頼めない。

こうしてお金のないところからさらにお金がなくなるという、

負の連鎖が始まるんだ。

 

だからこだわったほうがいい。

 

別に初めから大きなビジネスを考えなくてもいいから、

日々の節約とか、コツコツ貯金をすることととか、

もう少しがんばれるなら、出世することとか、自分の力でお金を生み出すこととかを。

 

ハンディを持っている当人が難しかったら、

ご家族ががんばれないかな。

 

ご家族も怪しかったら、

親戚に頼りにできる人はいないかな。

ご近所さんや地域で何か考えられないかな。

 

人の絆が薄い今頃では、こういうことは難しいのかもしれない。

でも成功している人や地域はあるところにはある。

6歳下の妹がダウン症であるために、

彼女が生まれたころから、私はなんとなく力をつけておきたいと思った。

 

学歴とか、結婚相手もしっかり稼ぎのある人をとか、

自分自身が働くことにも。

 

反感を買うことはわかって書くけれど、

「勝ち組」と言われる人が持っているものを私はしっかり備えている。

 

それは、生来の「負け」を持っていたから、

これ以上落ちて行きたくないと思ったからこそ、そうなったんです。

 

これからだってつくればいい。

これからだってパワーアップすればいい。

 

ただそれは、自分が心から望まない限り起こらないことなんだ。 

 

 

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. 素人だけど講演ってできますか、英国式植物療法バッチフラワーレメディ。

  2. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月3日の植物との対話…

  3. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月4日の植物との対話…

  4. 独特な生き方、人に疲れたときは植物と話すとよい

  5. 生きている意味がわからないアスペルガーが、赤ちゃんから学ぶこと。

  6. 発達障害者の支え方例えば講師として、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  7. 発達障害者には災害時に「邪魔をしない」という貢献方法もある、英国式植物…

  8. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月16日)