満月だろうと新月だろうといいことがない理由を、アスペルガーが解説します。

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

 

「新月だろうが満月だろうがいいことがない理由」を解説します。

 

セラピストの世界にいると、自然のリズムに興味を持つ人が多く、

私も月の満ち欠けや、日の長さ短さなどに、

自然と関心がいくようになりました。

 

「時間をうまく使う」ということを私はこんな風に考えています。

 

自然界のリズム、社会のリズム、そして自分のリズムを、

うまく折り合いをつけて快適に動くことができること。

 

「自然界のリズム」は、お天気や季節、そして月の満ち欠けなどによる気分の変化。

こうしたことをうまく刻んで示してくれるのが、

昔から使われている様々な暦です。

 

「社会のリズム」は会社や学校が始まる時間や、乗り物の発着時間、

全世界共通の狂いのないカレンダーや時間。

これに乗り切れないと社会生活が苦しくなります。

 

そして「自分のリズム」は、体調や気分の波。

女性なら、月経のリズムなどがそれにあたります。

 

ただただ効率の良さを「時間をうまく使う」ことだと思うと疲れてしまう。

心地よく過ごせることをゴールにしたいと思っています。

 

さて、月の満ち欠けや占星術、私が頼りにしている氣学や風水でも、

 

「この日は運氣がよい」というラッキーデーや、

ガラリと変われる転換期のようなものが示されます。

 

この日にはいいことがある!

この日から変われる!

 

そんな号令がフェイスブックを見ているとよく目に入ります。

 

広尾のオフィスでそんな声を聞いたとき、

つい言ってしまうんですよね。

 

「自分が動かないとだめよ。」

 

そうです。

どんなにいい日でも特別な日でも、

その瞬間に動ける自分でいないと何のいいことも起こりません。

 

目的意識がない、活動資金がない、体調が悪いなど、

コンディションが悪いとせっかくのチャンスをつかめません。

 

そのことそこを、「運が悪い」と言うのです。

自分をよい流れの中に運べていないから。

 

次によい日を迎えるときには、是非ともその流れに乗れますように。

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 


関連記事

  1. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月14日)

  2. とら蔵、さようなら(2001年~2017年)

  3. アスペルガー、ある言葉でかたづけられるようになる。

  4. うらやましいと思ったら素直に真似る、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  5. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年3月27日の植物との対…

  6. 生きている意味がわからないアスペルガーが、赤ちゃんから学ぶこと。

  7. もうすぐ私死ぬのかもと思った、教訓のない夢のような話

  8. 今日、最期に思っていたこと(2017年11月16日)