アスペルガーを救う魔法の言葉、予定を変えるときに

アスペルガー経営者のアズ直子です。

 

アスペルガーは予定の変更に弱いということは、

様々な本にも書かれていて、結構有名です。

 

私は特にそうなので、

最近では、日程の相談などは決まってから持ってきてくれる人が増えました。

 

手帳を開いて、ああでもないこうでもないが一番疲れます。

 

私の口癖のひとつに、

「決まってから持ってきてくれる?」というのがあります。

 

上から目線の、

嫌な感じに聞こえるはずなのですが、

これは途中過程に興味がないのではなくて、

途中過程で聞いてしまうと、混乱して間違えるからなのです。

 

お仕事をしているときもそうですが、

例えば家族との日常生活でも、

予定の変更は結構度々あります。

 

電車で行くはずだったのが車になった。

15時に出るはずが、15時半出発でよくなった。

 

以前は、夫などを相手に、

「コロコロ変えないでくれる!?」とブチぎれたり、

よく予定が変わる娘のバレエレッスンに、

娘ではなく私がついていかれないと絶望していたのですが、

 

ある魔法の言葉に気がついて、

ぐっと楽になりました。

 

それは、

「指示を出してください。」です。

 

ただ予定が変わった事のみを唐突に言われると混乱しますが、

例えば、

「電車ではなくて車で行く事にしたから何時に駐車場に来て。」とか、

「レッスンの時間が変わったので、ママは15時に着くように迎えにきて。」とか、

予定が変わった事によって、

どのような行動をとったらよいか、指示を出してほしいのです。

 

時間について、頭の中で計算するのが苦手だということも影響しています。

 

予定が変わっただけでもパニックなので、

それ以上、負荷がかからないよう、

明確な指示を出していただけると、

さほど混乱した反応もないのではないかと思います。

 

アスペルガーは周りの接し方によって、

落ちついて過ごせることは事実です。

 

そもそも予定がコロコロ変わる人は、誰にとっても迷惑です。

 

明確に指示を出してもらうことで、

まずは提案者によく状況や方法尾を考えてもらい、

そして「自分の提案なのだから変えないようにしてほしい」という思いもあります。

 

「指示待ち人間」は仕事でも過程でも評価が低くなりますが、

「指示を出すように指示をする」のですから、

この言い方ならとても主体的に生きる事ができます。

 

ぜひ、私に望むことがあれば、

「指示を出してください。」、

その意図が分かれば、精一杯応える努力をいたします。

 

 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー

バッチフラワーSPセミナー

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. 発達障害、自分が悪いと納得できないときに。

  2. アスペルガーは人と同じにできないという前提で、作戦を立てなければ。

  3. アスペルガーは決まり文句でその場をしのぐ

  4. アスペルガーはドラマ、映画、ニュースに注意。なぜなら本当に怖いことが起…

  5. アスペルガー著者にとって、なくてはならない財産とは?

  6. アスペルガーが信じている、幸せになる条件。

  7. 心身過敏な人は、満月と桜に騒がないほういい。

  8. アスペルガー新人、長く働くために必要な心得。