アスペルガーのための、絶対に遅刻をしない序章。

アスペルガー経営者のアズ直子です。

 

今日から、
「アスペルガーの私が遅刻をしやすい理由と対策」シリーズです。

 

今日は、県職員の方々への研修というお仕事で、

三重県まで来ています。

 

80名ほどとのことなので、

ほとんど講演というスタイルになります。

 

品川から6時24分発の新幹線に乗って、

名古屋で乗り換え、目的地の尾鷲駅には10時45分到着。

 

お仕事をいただく中では遠い方ですが、

それでも午前中には到着できます。

 

大阪や京都なら、まだ街が目覚める前に到着です。

 

早い時間の方が、行き交う人も少なく、

何よりも遅刻の不安が一切ないので、

地方で講演会のときには、始発で出発するようにしています。

 

私は「注意欠陥障害」の傾向が強く、

もともとは遅刻の常連で、

そのためにクビなった仕事場もいくつもありますし、

仕事でなくても人とのおつきあいのうえで、

遅刻はかなり嫌がられることです。

 

「大丈夫ですよ。」と言ってくれていても、

内心はかなりむかつかれていることがほとんどです。

 

暑い中、寒い中、外で立って待っていなければならない。

 

時間通りに来た人同士、

話が盛り上がっているところに、

遅れてきた人のために、また同じ説明をしたりしなければいけない。

 

私が腹を立てているというよりも、

「遅刻の常連であった私」が、

散々ムカつかれてきたことをお伝えしようとしています。

 

人から嫌われる原因をひとつでも減らしたいということと、

遅刻をしているときに、

焦ったり、

慌てたり、

申し訳なく思ったり、

走ったり、

お金をかけてタクシーに乗ったり、

そんなマイナス感情に苛まれ続けるのも嫌で、

私のなかで「遅刻」は一大要克服事項になっているのです。

 

”遅刻しても平気な顔でいる”・・・のではなく、

多分、一番苦しいのは遅刻をしている私本人の気持ちです。

 

他の遅刻癖のある方と同じかどうかは分かりませんが、

遅刻問題は長く私を苦しめました。

 

遠くに行くなら始発で。

都内など近場でも、

目的地には1時間以上前には到着するようにしています。

 

そう決めてから遅刻問題はほぼなくなり、

何よりも私の心が平穏になりました。

 

昔に比べて、

居心地のよいカフェが増えた、

電源があるなどそこで仕事がしやすくなった、

パソコンもどんどん薄型になって持ち運びやすくなった、

 

そんなことも私を応援してくれています。

 

遅刻で苦しんでいるご当人の方。

絶対に変われますから、一緒にチャレンジしてみませんか?

しばらく、「遅刻対策」についての記事をまとめて書いてみようと思います。

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

(読者の皆さまへ)

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

<SNSで交流しましょう>

公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/asnaoko

ツイッター
http://twitter.com/muxia0214

ーーーーーーーーーーーーーーー

~いまの目標~

発達障害に関わるお母さんたちを集め、

お母さんがセラピストとして活躍できるコミュニティをつくること。

~いま興味があること~

発達障害と言われる状態が、

どのようにしたら落ち着き楽になれるのかということ。

 


関連記事

  1. アスペルガーですが妻母社長の私の夢は、やはり普通になることです。

  2. 毎年4月2日は世界自閉症啓発デー、そして発達障害啓発週間

  3. 心身過敏な人は、満月と桜に騒がないほういい。

  4. 「ザ・世界仰天ニュース」に出演しました。(2015年12月9日)

  5. アスペルガーを救う?いじめ封じの魔法の言葉

  6. アスペルガーの不調、長期的酒の失敗ではないかと思う

  7. アスペルガーの私が荒れる理由、たくさんあるなかの1つ。

  8. アスペルガーは、アスペルガーが大嫌い