理由なく嫌われていく原因は見た目の違和感。

「表情あれこれ」

アスペルガーは、顔立ちや表情にも特徴があると言われる。

 

年齢より若く見える、

色が白い。

 

これなら良さそうに思えるが、

私の観察ではこのような特徴も多く見られる。

 

目つきが悪い。

視点が定まらない、凝視することもある。

 

斜視の人も多いように感じる。

私も手術で矯正したが、生来そうだった。

 

表情が乏しい。

感情と表情が噛み合わない。

 

これは私の場合だけれど、

そのつもりはないのに、

「薄ら笑っている」と批判されたことがある。

 

アスペルガーという個性に罪はないけれど、

嫌われる理由はたくさんあると感じている。

 

学校や職場などで、

これだという理由はないのに、

だんだんと人が離れていくことがある。

 

その原因の一つは、

こうした細かい「違和感」なのではないかと思う。

 

うまく説明できないけれど、

なんだか気持ち悪い、

何を考えているかわからない。

 

本を書いて、写真を撮られることが多くなってから、

表情を決め切ってそれでよしとするようになった。

 

作り笑顔、

作り真剣な表情。

 

2種類くらいならできる。

 

距離感も近いので、人と話す時には腕1本必ず離れる。

相手の目を凝視しすぎないよう、視点は相手の眉間に置く。

 

人は見慣れた表情を見ると安心するのだ。

反対に、違和感のわる表情には嫌悪を溜めていく。

 

もしも学校などで、

なかなか友達ができない時には、

表情も確認事項の中に入れて欲しい。

 

鏡をみて、無難な表情を確認するといい。

 

アスペルガーが多くの人の中で過ごす時、

そしてうまくつきあおうと思う時、

 

それはまるでピアノやバレエの発表会の、

舞台に立たされているような緊張感があるはず。

 

せめて家庭では、舞台から降ろさせて欲しい。

 

だらしなく、

みっともなく、

居させて欲しい。

 

遠くから見守りつつ、放っておいてくれるお母さんがいい。

 

(家庭でできる心のケア)

英国植物療法
バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. 耳は聞こえなくなったし白髪だらけだけれど、これでいいと思う

  2. 多動なアスペルガーには、休息行動を与えるといいのかも。

  3. お母さんはセラピストプロジェクト発足に、ふと思う母の孤独。

  4. もうひとつの家族、アスペルガーのせいで大変苦労している人たち。

  5. アスペルガーですが妻母社長の私の夢は、やはり普通になることです。

  6. アスペルガーに自由は禁物、なぜなら心を病むから

  7. アスペルガーのための、絶対に遅刻をしない前日の過ごし方

  8. アスペルガーと二次障害、久しぶりにうつ病になりました。