アスペルガーに、フリーランスという働き方は素晴らしい!

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。

 

「フリーランスという働き方は素晴らしい」

 

アスペルガーであるために、

体調不良や情緒不安定が起こりやすい。

これはとても困ったことです。

 

新卒の頃から、

どんな会社にお勤めしても、

通勤が辛かったり、

人とぶつかってしまったり。

 

長続きしないので、

「私の専門はこれです。」という自信もなくて、

随分長いあいだ、働くということに、

いいセルフイメージを持つことができませんでした。

 

1998年に一念発起して、

自宅の一室四畳半と1台のパソコンで始めたネットショップが、

私の起業の始まりでしたが、

 

今、社長というよりは、「フリーランス」という働き方が身について、

本当に良かったな!

と思っているので、その理由を整理してみようと思います。

 

・通勤に苦しまなくていい

・働く時間を自由に決められる

・働く場所を自由に決められる

・服装も自由に決められる

・人間関係に悩むことがぐっと減る

・すぐに休むことができる

・お勤めではありえない収入が得られる

・お金に対して前向きに考えることができる

・仕事にしたからこその節約もできる

・自分の得意なことや好きなことを活かせる

・素敵なイメージを持ってもらえる

 

こんなところでしょうか。

 

もちろん、メリットがあればデメリットもあるのですが、

それに触れる機会は別のとろこにしたいと思います。

 

いかがですか?

気がついた方もいるのではないかと思いますが、

 

これらのメリットは、

発達障害の弱点をちょうどカバーするものが多いのです。

 

フリーランスを目指してみませんか?

 

会社にお勤めしている方が、生き方を変えるために。

お母さんが、女性として輝くために。

お母さんが、お子さんの将来のためにでもいい。

 

私にもできた、フリーランスという生き方を、

丁寧にお伝えしていきます。

 

 

 

1)通勤に苦しまなくていい

 

フリーランスであれば、働く場所を自由に選ぶことができます。

 

もしも「在宅」という選択をした場合、

そもそも通うということを考えなくてよいのです。

 

このことはいくつかの自由と連動してきますが、

 

働く時間も自由なので、

通勤で一番辛いラッシュを避けることも、

自分の裁量で決めることができます。

 

働く場所も自由ですから、

自宅でなくても、徒歩や自転車で通える範囲に、

働く場所を設定すればいいのです。

 

発達障害であれば、音・光・においなどに過敏で、

この通勤から受けるダメージは、自分で思うよりずっと大きい。

 

1時間かけて通うことが当たり前だと思わないほうがよいでしょう。

 

 

2)働く時間を自由に決められる

 

フリーランスであれば、働く時間も自由に選ぶことができます。

 

まず、どのくらいのボリュームで働くかも自由。

1日3時間でもいいし、もっともっと働いてもいいのです。

エジソンは1日18時間働いていたそうです。

 

 

私がネットショップという方法で起業する前、

お勤めと合わせて夜だけ稼働した時期がありました。

 

21時から24時まで、

サイトの更新や発送準備をして、十分こなせました。

残りは土日のまとまった時間で取り組みます。

 

少なく設定するなら、

土日だけとか、夜だけとかもできますね。

 

このことは、育児や介護との両立も可能にしてくれます。

 

またお休みも自由に決められます。

どこに行っても混んで高い時期ではなく、

閑散期にお休みを取れば、

人混みが苦手でも、楽しむことができます。

 

体調不良が心配な時にも、

お休みを自由に設定できる。

これ仕事が長続きするためにはとても大切な調整です。

 

 

 

 

◆━━広尾88━━━━◆◆


生きづらい人が楽になる

生きづらい人が強くなる

アズ直子発達障害講演会

 http://mtta.jp/as/

心を癒す植物療法バッチフラワーレメディ

 http://mtta.jp/bach/

セラピストのためのビジネストレーニング

 http://mtta.jp/business/

学びと最新情報をお届けします!

 公式メールマガジン

https://goo.gl/KKio3L

◆◆━━━━━━━━━◆

 

私がセラピスト養成を手がける、
英国式植物療法バッチフラワーレメディは、

1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。

38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

 

 

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 


関連記事

  1. 発達障害者、家から一歩も出ない働き方。

  2. 一度険悪になった人と、再びともに仕事をする方法。

  3. アスペルガー講師が苦しむ悪魔の言葉、そして天使の言葉。アロマ風水協会に…

  4. カサンドラ症候群の人に是非とも伝えたいアスペルガーの思い

  5. 自己肯定感の低い人ほど、謝らずに働け。

  6. 迷惑なくらい強い正義感を、うまく鎮める方法は?

  7. 20点から始めよう。チャンスを学びを形にするということ。

  8. 不器用な人に勧めたい、1日2歩の努力。