365日暦生活(九星陰遁始め)

こんばんは、
広尾88アカデミーのアズ直子です。

「成就の法則~正しい開運~ 」のお届けです。

今日は、マニアックな暦の話です。

いつも親しんでいただいている、
九星の暦の上で、
明日から、衰退に向かう半年に突入する、
特別な日を迎えます。

この日のことを、

「九星陰遁始め」と言います。

ーーーーー
2019年5月27日は、
「九星陰遁始め」です。
ーーーーー 

1年は、
物事が衰退に向かう「陰の半年」と、
物事が成長し盛り上がっていく「陽の半年」に分かれます。
  

夏至(2019年は6月22日)から数えて、
一番近い甲子の日からを隠遁となります。
 
冬至に向けて、日照時間も徐々に短くなり、
万物が陰の気に向かう時期です。

この日を境に九星の巡る順番が逆転し、
運気の巡りも変わります。
 

九紫火星→八白土星→七赤金星→六白金星→五黄土星→
四緑木星→三碧木星→二黒土星→一白水星→九紫火星
 

下段の、「明日の運気」をご覧いただくと、
昨日お届けしたものと同じであることがすぐにわかるでしょう。
 

これは書き間違いではなく、
逆転の日に、同じ運気の日が2日続くと言う法則があるからなのです。
 

開運上知っていただきたいのは、
中国思想に基づけば、
 
プラス過ぎればマイナスに転じ、
マイナス過ぎればプラスに転じると言う考え方があります。 

暑く、日が長く、植物が成長発展をし続ける今の時期は、
プラスすぎる時間なのです。

なので、ピークを迎える日を境にマイナスに逆転してしまう。
 

このことは人生においても同様で、

プラス過ぎると人生を送っていると、
ある日を境にマイナスに逆転するのです。
 

大きな逆転を防ぎたかったら、
プラスすぎる日々にならないよう、
小さなマイナスを引き受けておくことです。
 
人が嫌がることを引き受ける。
身銭を切って人に尽くすなど。
 
中国人富裕層が、
寄付や寄進などを好んでするのは、
 
この考え方が根底にあるからです。

それでは明日の運気をお知らせします!
 
 

<2019年5月27日の運氣> 
 

甲子 九紫火星
第二十三候「小満」次候

紅花栄(べにばなさかう)

2019/5/26~31

 

一白水星:また動き始める
  
二黒土星:また実りのとき!
  
三碧木星:またチャンス到来
 
四緑木星:さらに出る杭になって打たれる
 
五黄土星:また一人酒もよし
 
六白金星:また基盤づくり
 
七赤金星:また楽しいおしゃべり
 
八白土星:まだよくない出会い⤵︎

九紫火星:まだ八方塞がり

関連記事

  1. 365日暦生活(暗剣殺)

  2. ウエサク祭にちなんで、築地で五月の満月を見る。

  3. 365日暦生活(エネルギーバンパイア)

  4. 365日暦生活(麦秋至・衣替)

  5. 暦(自然のリズムで生きる)

  6. 365日暦生活(お水取り)

  7. 365日暦生活(庚申の日)

  8. 365日暦生活(麦秋至)