英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月9日の植物との対話

英国式植物療法を学ぶ、広尾88アカデミーのアズ直子です。
2016年4月9日の夜です。

 

ふとした会話の中でのこと。

ちょっとサポートをさせていただいた方がとても喜んでくれて、
「お礼になんでも好きなものをプレゼントする。」と言ってくれたのですが、

できるだけ高いものにしようと思いを巡らせてみたものの、
服、靴、かばん、アクセサリー、およそファッション誌に載っているようなものは、
なにひとつ欲しくなく、

 

思わず、現金をいただいて商品の仕入れをしたいと言ったら、

 

「それはプレゼントとは言わない」ということで、
欲しいものを決めるのは延期となりました。

 

品のいいものはあればうれしいけれど、役割を果たせば別に安価でも構わない。
きゅうくつな高い服より、楽でチクチクしないユニクロの服のほうがありがたい。

 

本当に欲しいものと言えば、
ちょうど昨日「すごくリラックスしてみたい。」と思った。

 

心身ともに過敏なので、なかなかリラックスできない。

 

仲居さんも構いにこないような、旅館のはなれにひとりで泊まりたい。
脱線するけれど、いい旅館の仲居さんは上手に放っておいてくれる。

 

5f8214c863e5c2e2d10561e8fbe7b70c_s

 

 

親切はありがたいけれど、大切なひとほど一緒にいると気を使うので、
本当に私のことを考えてくれるなら、
心地のよい環境の中に放っておいてくれるのが一番いい。

 

 

そうですね、
本当にうれしいことと言えば、何の心配も邪魔もなく、
ずっと書きものをしていられればうれしい。

 

やはり、仕入れ代金の肩代わりをしてもらうのが一番いいです。^^

 

ずっとずっと待っていた、

 

裏手の公園にある”レッドチェストナット(ベニバナトチノキ)”の「芽」が、
ついに開きました。

 

bach720160409

 

 

 

「チェストナットの芽」ということで、
「チェストナットバッド」と言えば、
バッチフラワーファンには親しみがわくことでしょう。

 

この植物が教えてくれることは、
経験から学ぶことができず同じ間違いを繰り返すという状態です。

 

数ヶ月観察し続けていますが、ずっと変わらない、固い蕾の状態が続きました。
この「変わらない状態」が「学ばない状態」を連想させるようです。

 

ところが、この蕾が開いたと思ったら、ものすごい勢いで葉を伸ばしていきます。
ひとつ変化を遂げると一気に変わっていくのです。

 

実は、一気に変わると本で読んで知っていました。
ですからとても楽しみにしていたのです。

 

チェストナットバッドのオーラをいただいて、一気に変わりたいと願っています。

 

 

 

 

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

 

言葉の力でマイナス感情を変える
「感情整理ワンデイ講座」

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

 

 

関連記事

  1. 人づきあいはあっさりと、ドクター、先生、家族など。

  2. うらやましいと思ったら素直に真似る、英国式植物療法バッチフラワーレメデ…

  3. 発達障害者は、人様に対して絶対に「くさい」と言ってはいけない。

  4. ギリギリ主義と早巻き主義あなたはどちら、英国式植物療法バッチフラワーレ…

  5. アスペルガーは疲れているときに人生について考えてはいけない。

  6. 人生の一部を差し出してする意味があること。

  7. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年4月3日の植物との対話…

  8. 独特な生き方、ムーミン谷に落ちてきた星の子の話に思う。