アスペルガーは疲れているときに人生について考えてはいけない。

「疲れを理解すること」

 

2017年4月3日。

本当は年度始めの1日に、

はっきりとスタートダッシュを切りたかったけれど、

 

大阪梅田への出張あと、

どうにも疲れが抜けなくて、

2日間悶々としてしまった。

 

3月のカレンダーを振り返ってみれば、

数回の地方出張、

いくつもの執筆締め切り、

売り上げアップ著しい、

その分、活動量は多かった。

 

・どうして決めたことができないんだろう?

・どうしてスッキリしないんだろう?

・どうして楽しくないんだろう?

 

アスペルガーはネガティブ思考なので、

そんなことを考え始めれば、

そのうち、

 

・何のために生きているんだろう?

・他に天職があるんじゃないだろうか?

 

など、答えのないようなことばかり考え始める。

 

・今のパートナーに大きな問題があるに違いない。

 

など、人のせいにし始めると本当によくない。

 

少し散歩をして、

ふと黄色のラナンキュラスが目に入る。

私は、幾重にも花びらが重なる花が今は好き。

 

美しいと思う。

 

何重にも重なるタスク、

何重にも重なる疲れ、

 

後から後から、しなければならないことが気にかかる。

そんなマインドが強いから、

目に入るのかもしれない。

 

そう思い、夜の講座が終わった後は、

眠ることにした。

 

スムーズには動けなかったけれど、

それでも1日、よく働いた。

 

疲れを、だたシンプルに「疲れ」と理解すること。

そこには他に何も問題はない。

 

疲れているときのするべきことは、

ただ休むことだけ。

 

人生について考え事をするのは、

また別の日がふさわしい。

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. 睡眠時間を削らないでお仕事たくさんしたい、英国式植物療法バッチフラワー…

  2. 私が今日、最期に思っていたこと

  3. 発達障害者は、人様に対して絶対に「くさい」と言ってはいけない。

  4. アスペルガーで妻母社長ですが、怪談師に入門しました。

  5. アスペルガーと関係ない、バックバッカーと欲望旅行の話。

  6. 言ったら嫌われるだけ、アスペルガーの私の本当の気持ち。

  7. インスピレーションを磨く、「植物観察」という方法。

  8. 英国式植物療法バッチフラワーレメディ 2016年3月28日の植物との対…