空気が読めないアスペルガーでも、人が勝手についてくる方法

 

こんにちは!
 
アスペルガー経営者のアズ直子です。
 
 
 
「アスペルガー症候群」と診断されると、
 
空気が読めないとよく言われるように、
 
 
 
敬語を使えなかったり、
 
率直に物事を言い過ぎたり、
 
相手を傷つける言動も多いなど、
 
”コミュニケーション不全”にフォーカスされがちです。
 
 
 
もちろんそのことも社会参加の大きな妨げになりますので、
 
対策が必要になるところです。
 
 
 
 
でも、私自身についていえばそれ以上に辛いのが「体質」の特性です。
 
 
 
 
・光過敏 ー ちょっとした光で落ち着かなくなる。不眠。
 
・音過敏 ー 人ごみなどが辛い。混乱する。不眠。
 
・におい過敏 ー 気分不快。電車や車が、人ごみが苦手。
 
・接触過敏 ー きつい洋服などで不快に。スキンシップが苦手。
 
 
 
 
通学や通勤についても、人間関係の前に、
 
そこにたどり着くまでに疲れ果ててしまう。
 
欠席が多くなるなど、継続が難しくなる理由はたくさんあるのです。
 
 
 
人間関係の構築は、相手があってのことですが、
 
こうした過敏体質を少しでも落ち着けるための健康管理は、
 
自分で主体的にできることです。
 
 
 
 
特に子育てのリダーシップをとるお母さんは、
 
学校での人間関係で悩む前に、
 
 
健康管理を徹底すれば、自然とお子さんの状態は落ち着き、
 
人間関係も改善していくと断言します。
 
 
 
私が大人になって、経営というものに取り組んで痛感するのは、
 
 
心身ともに健康で、
 
お金があれば、
 
 
人は勝手についてくるのです。
 
 
 
 
反論したくなるかもしれませんが、
 
 
女性であれば美人は本当に得です。
 
きれいなだけで優遇されること、許される事がたくさんあります。
 
 
 
お金があれば、自分ルールで動けることは本当に増えます。
 
空気が読めなくても、大丈夫な環境をいくらでも作れます。
 
 
 
 
それが現実なのです。
 
 
 
別にあくどくなる必要もなく、
 
きれいになるのは誰でもできます。
 
お金を持つ事も誰でもできます。
 
 
 
簡単にできる方法も、ぜひともお伝えしたいのです。
 
 
 
うまくやりましょう。
 
 
 

(読者の皆さまへ)

アスペルガーと似ている状態には、

認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。

薬があるわけではないので、

生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。

私がお伝えする事に、

「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、

このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

<SNSで交流しましょう>

公式フェイスブックページ

https://www.facebook.com/asnaoko

ツイッター

http://twitter.com/muxia0214

ーーーーーーーーーーーーーーー

~いまの目標~

発達障害に関わるお母さんたちを集め、

お母さんがセラピストとして活躍できるコミュニティをつくること。

~いま興味があること~

発達障害と言われる状態が、

どのようにしたら落ち着き楽になれるのかということ。

 
 
 
 

関連記事

  1. 発達障害、自分が悪いと納得できないときに。

  2. アスペルガーが救急搬送され、顔面神経麻痺だった話。

  3. 発達障害者が落ちたとき、ひとつひとつの回復方法

  4. 「ザ・世界仰天ニュース」に出演しました。(2015年12月9日)

  5. 発達障害者の声を伝えるために、本屋さんの力をかりたい

  6. アスペルガーの思い込みにのって、みなさん健康で豊かになりましょう🎶

  7. ADHD(注意欠陥多動性障害)、広島お洋服事件

  8. アスペルガーのコミュ障、人に向かわず環境を整える知恵