アスペルガーには辛いエイプリールフール

今日は4月1日。 年度始めということで気が引き締まります。

街中でもフレッシャーズをよく見かけるようになりました。

買い物をしても、レストランに行っても、

新人さんたちも慣れない時期なのでモタモタ。

 

イライラすることもありましたが、

最近は自分の娘がそんな新人さんたちに近い年齢になってきたので、

「そうか、娘が新人さんなら、あたたかく見守ってほしいなあ。」と思い、

それ以来、この季節が過ごしやすくなりました。

起こっている状況は何も変わらないのに、

捉え方で、心は波立ちもすれば落ち着きもします。

自分次第なのですね。

 

さて、今日という日に、

アスペルガー的な反応をしているのですが、

4月1日はエイプリールフール。

 

「嘘をついても良い日」ということで、

インターネットでも、

「結婚しました」や、

「宇宙人の襲来」など、様々な嘘が披露されています。

 

これが分かっていても疲れるんですよね。

 

アスペルガーの特質として、

「うのみにしやすい」

「言葉のとおりに受け止める」

「冗談がわからない」 ・・・というのがあります。

 

今日はエイプリールなんだ!と分かっているのに、

親しい人のびっくりニュースにいちいち驚いています。

 

あとは構えすぎて、

普通の連絡事項に、

「本当ですか?」と確かめてみたりして、

かなりの情緒不安定に陥っています。(苦笑

 

アスペルガーの私には、

エイプリールフールでも、

嘘はつかないでください。

 

どうぞよろしくお願いします。 

 

(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/certification-courses/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ


関連記事

  1. アスペルガーの子育て、生きづらさを私の代で終わらせる

  2. 理由なく嫌われていく原因は見た目の違和感。

  3. ADHD(注意欠陥多動性障害)、広島お洋服事件

  4. 病院不信のルーツ、アスペルガーの私と代替療法。

  5. アスペルガーが信じている、幸せになる条件。

  6. 私は好きな仕事を続けるために、日々レッスンをするという話。

  7. 屁理屈問答は一刀両断に止める、アスペルガーの相談に乗るには。

  8. アスペルガーの目つきの悪さ、生理的に嫌われる理由