アスペルガーの会社勤め、一芸あれば時々でいい。

「もしも社員なら無理だった」

 

5冊目の出版が決まり、

出版社での打ち合わせが予定されたり、

出版時期を意識しての、

活動が始まった。

 

普段は、自分のオフィスを拠点に、

講演会以外、そこからほとんど動かない。

 

外部の人として訪問するのだけれど、

「会社に行く」という感覚が新鮮だ。

 

今日は雨風強かったので、

ある大きな会社を訪問するのに、

タクシーで行った。

 

広尾のオフィスは本当に便利で、

都内中心部なら、タクシーですぐだし、

料金もさほどかからない。

 

立派なビルのエントランス。

面接でもあったのか、

リクルートスーツ姿の若者がたくさんいた。

 

社内に入ると、

そこで働いている方々が、

首からIDカードを下げ、

ドアを開けるたびに、それでセキュリティを突破している。

 

何人もの人が、

ノートパソコンを開けたまま掲げて、

忙しそうに往来していた。

 

素敵なオフィス、素敵な社員さんたち。

 

でも、私には無理だ。

 

まず、こんな一流企業に入れる自分でもないし、

そして毎日通うのが無理。

 

私は首回りが何かと過敏で、

IDカードも下げられない。

 

みなさん、素敵なスーツや、

カジュアルだけれどもかっこいい服を着こなしている。

 

私には無理。

 

数時間の打ち合わせで、

失礼なことを言わないように緊張していた。

 

これが毎日なら心が潰れるし、

それ以上に、失敗ばかりしてすぐにクビになるだろう。

 

今日はタクシーで来たけれど、

毎日の通勤でそれも無理。

 

自分の会社からほとんど外出せず、

服は柔らかいほぼパジャマで、

疲れたら隣のカフェで休んだり、

昼寝してみたり。

 

そしてここには気心知れた、

家族のような人しかいない。

半分寝ながら仕事をしている感じだ。

 

社員として勤めるのは無理づくしだけれど、

外部の人として、限られた時間関わらせていただけるなら、

「会社」という場所でも大丈夫。

 

面接では入れてもらえないけれど、

一芸持って入れば(著者)、

独特の方法でも関わらせてもらえる。

 

自営業でがんばって来てよかった。

そして一芸あってよかった。

 

でも、時々こんなふうに、

「会社」というところに来て、いろいろ思うのは、

本当は勤め人として、がんばれればよかったなと、

過去の失敗を悔やむ気持ちが強いからだと思っている。

 

今日はよそのだけれど、

会社に行かれてうれしかった。

 

 

自分らしい仕事の仕方を身につけてみませんか?

広尾88アカデミーでは、

個人で仕事をする人のためのビジネスの基礎を学べます。

 

広尾88アカデミー ビジネス基礎講座

 

ランキングの順位があがると、
より多くの人に私の思いが伝わります。
バナークリックで応援をよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

  

発達障害 ブログランキングへ

 

 


関連記事

  1. 一度険悪になった人と、再びともに仕事をする方法。

  2. アスペルガー講師が苦しむ悪魔の言葉、そして天使の言葉。アロマ風水協会に…

  3. 「在宅ワーク、家から一歩も出ない働き方への道(1)環境を整える」

  4. アスペルガーに、フリーランスという働き方は素晴らしい!

  5. カサンドラ症候群の人に是非とも伝えたいアスペルガーの思い

  6. アスペルガーが仕事で成功するための母の日ギフト

  7. 20点から始めよう。チャンスを学びを形にするということ。

  8. 不器用な人に勧めたい、1日2歩の努力。